きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 活用法造作法 > 試験合格や学力上昇

■活用法造作法 目次


■試験と勉学 学力上昇と資格取得

奇門遁甲を活用して、試験や勉学、学力上昇や資格取得への後押しを期待する際には、奇門遁甲の立向盤を主に活用していきます。 奇門遁甲の吉方位を活用して、学力上昇の後押しを得ることや、必要な情報を得ること、試験などでの勝負強さを上げるという流れで考えて行きます。 効率よく勉強ができるようになることや、集中力を上げること、情報を質を上げて的確に勉強ができるようになるというのが基本になります。 入学試験や入社試験、資格試験や語学試験など、色々な試験がありますが、そこに向けての基本勉強を考慮していくのか、試験そのものに焦点をあてるかで使用する要素が異なります。


試験に向けての基礎的勉強をする際に、奇門遁甲の効果を活用するには、情報知識の「丁奇」を重視しますが、集中力や忍耐力などの「戊儀 己儀」なども併用していきます。 八門では三吉門である「休門 生門 開門」と景門を活用し、八神では「直符 太陰 六合 九地 九天」などを活用します。 奇門遁甲の格局においては、「玉女守門 天遁 地遁 人遁 丁奇得使」などを活用していきます。 内容によっては「乙奇」と多要素を考慮して効率を上げることもできるため、乙奇得使なども活用できます。


実際の試験での勝負力や合格において、奇門遁甲の効果を活用するには、知識情報の「丁奇」はやはり重要になりますが、甲尊や丙奇なども併用していきます。 八門では、三吉門である「生門 開門」を重視し、最大限に能力を発揮できる「休門」も併せて考えて行きます。 八神では、「直符 九天」を重視し、吉神である「太陰 六合 九地」なども併せて考えて行きます。 奇門遁甲の格局においては、「飛鳥跌穴+三吉門 玉女守門 神遁 人遁 丁奇得使」などを積極的に活用していきます。


試験勉強では、地道に勉強していくことに着目しますが、試験そのものでは能力を最大限に発揮することや、合格するという事に着目することになります。 試験勉強をしていく際には、長期的な計画を立てて奇門遁甲の開運効果を持続させていくため、年盤や月盤で長期計画を立てるのも良く、日盤を定期的に活用するのも大事になります。 実際の試験において奇門遁甲の開運効果を発揮するためには、試験日に合わせて日盤や時盤で運気を得て調整していくことが大事になります。 試験日60日前から日盤の吉方位を活用して奇門遁甲の開運効果を得ること、試験日当日の時盤を活用して、出発時刻を調整することなどが大事になります。


試験と勉学
試験と勉学
学力上昇と資格取得
学力上昇と資格取得
▼奇門遁甲を活用した試験勉強
重視する盤長期計画なら年盤と月盤 日盤を定期的に活用して質を上げる
重視する要素三奇(特に丁奇) 戊儀 己儀 三吉門(休門 生門 開門) 景門 五吉神(直符 太陰 六合 九地 九天)
重視する格局玉女守門 天遁 地遁 人遁 丁奇得使 (乙奇得使 他吉格局も内容に合わせて活用できる)

▼奇門遁甲を活用した試験対策
重視する盤試験日当日より60日以前から日盤を考慮する 試験日当日は時盤を考慮する
重視する要素丁奇 甲尊 丙奇 (乙奇) 生門 開門 (休門) 直符 九天 (太陰 六合 九地)
重視する格局飛鳥跌穴+三吉門 玉女守門 神遁 人遁 丁奇得使

■奇門遁甲を活用した試験合格と学力上昇

奇門遁甲を考慮して、試験での合格を目指す際や、学力上昇を考慮する際には、これらを求める本人が吉意を得ることが大事になります。 家族や周囲の人が吉意を得るだけでは、対象となる本人に影響がないため、奇門遁甲の効果が最大限に発揮されることはありません。 また、実際に本人が試験の合格や学力の上昇を望んでいるかどうかが大事になっていきます。 周囲がただ望んでいるだけで、本人を無理やり連れて行っても、本人が勉強しないことには学力は向上することはありません。 奇門遁甲の開運効果を得ても、勉強しないことには学力は向上せず、本人の意思で試験を受けないことには結果を出すこともできません。


奇門遁甲で吉意を得るだけで学力が上昇するわけではなく、本人が勉強しようとしている際の後押しになることや、より効率的に勉強ができる手助けになるという流れになります。 試験に向けてより有益な情報が入ることや、効率的に勉強が出来ること、集中力が向上することや、やる気が上昇することなどが期待できます。 試験自体に関しても、当日の体調や状況、問題の内容や環境などが、能力を最大限に発揮できるような状況にするのが奇門遁甲の開運効果になります。 本人がやる気が無く不摂生で、勉強をして来なかった場合には、いくら奇門遁甲で運気を得ていても、発揮する実力そのものが無ければ問題になりません。


奇門遁甲で試験合格や学力上昇を考える際には、その目的や内容によって要素を使い分けることも大事いなります。 純粋に入試試験や入社試験のように、人の上を目指すような場合には、丁奇や甲尊、丙奇や開門、直符や九天が大事になります。 資格試験のような点数を取ることが大事になる場合には、丁奇や三吉門、五吉神などでより良い要素や組み合わせを大事にしていきます。 合格や採用となる線引きが、上位からの人数なのか、点数なのかで考え方の一部が変わることになります。


このように、試験合格や学力上昇、勉強や資格取得などで、奇門遁甲の開運効果を活用していく際には、本人が吉方位を積極的に活用することが大事になります。 目的や内容に合わせて要素や遁甲盤を変えていくこと、実際に勉強する努力を重ねること、長中期的に奇門遁甲を活用して流れを維持していきます。 試験当日に合わせて奇門遁甲を駆使して、後押しを得ることや、それまでの努力の内容を最大限い発揮できる状態を作り出しておきます。 基本は奇門遁甲立向盤を活用していきますが、座山盤と造作法を活用して動かずに吉意を得ることもできます。


有益な情報の獲得
有益な情報の獲得
昇進試験と資格の取得
昇進試験と資格の取得
▼奇門遁甲を活用した試験合格と学力上昇
本人試験や勉強をする本人が吉意を得ることが大事になる
動機本人が本気で試験や勉強をしようと思っているのか
努力努力を重ねることで能力を発揮できるのが奇門遁甲の効果
勉強奇門遁甲の開運効果を意識して中長期的に努力し勉強することが大事
試験試験当日に焦点を当てて奇門遁甲開運効果で後押しを得る
当日試験日当日の立向時盤を考慮し出発時刻などを検討する