きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 活用法造作法 > 就職活動や人材獲得

■活用法造作法 目次


■奇門遁甲活用法 就職と採用 就職活動と求人募集

奇門遁甲を活用して、就職活動の成功を求める場合には、純粋に吉方位を活用していくことが大事になります。 就職活動の内容が面接重視の場合には、「甲尊 乙奇」などを活用し、試験などが重視される場合には「丁奇」を活用していきます。 奇門遁甲を活用して、よき人材の採用を求める場合には、「甲尊 乙奇 丙奇」などを活用していきます。 また、必要とする人材が知識や情報、資格や経験を有する人材であれば「丁奇」、信用できる人材であれば「戊儀」などを活用することもできます。 どのような状況でも、吉方位を活用していくことで、基本となる運の後押しを得ることができるため、積極的に奇門遁甲の吉方位を考慮していきます。


奇門遁甲の年盤や月盤が利用できる際には利用しますが、就職活動や転職活動は短期間で事を決めることも大事になるため、適切な時期に日盤などで吉意を得ることが大事になります。 この際に強い吉意を持つ方位を活用することで、就職活動や転職活動を短期間で決めることができるようになります。 その際にも、条件や待遇などが良く成ること、より良い職場環境への就職が実現することなどが期待できます。 求める職場環境や業種により、活用する要素を変えることで、より現実的な就職活動や転職活動が可能になります。


公務員などを目指すような就職活動では「甲尊 丁奇」などを活用し、銀行や税務、経理や会計などの職場を目指すような就職活動であれば「丙奇」などを活用します。 人事や派遣会社、接客業や医療関係であれば「乙奇」などを活用し、企画開発や広報、広告代理店や教育関係などであれば「丁奇」などを活用します。 この要素に合せ、三吉門と吉八神を合せて吉方位の吉意を得るというのを基本として考えて行きます。 目指す業種の方向性と、必要な要素を関連させることで、より就職活動が円滑に進むようになります。


奇門遁甲の格局で考えていく際には、「青龍返首 飛鳥跌穴 玉女守門」などは構成する要素が吉意を持ち、吉方位になる際には活用できます。 「天遁 地遁 人遁 神遁」なども活用できますが、「鬼遁 雲遁 風遁 虎遁 龍遁」などに関しては、他に選択肢が無い際に考慮するくらいで良いでしょう。 「乙奇得使 乙奇昇殿 丙奇得使 丙奇昇殿 丁奇得使 丁奇昇殿」に関しては、構成する要素が良く、全体的に良い方位になる場合には積極的に活用できます。 また、業種の方向性に合わせて使い分けるとより効果的になります。


就職と採用
就職と採用
就職活動と求人募集
就職活動と求人募集
▼奇門遁甲活用法 就職と採用 就職活動と求人募集
重視する要素甲尊 乙奇 丙奇 丁奇 生門 開門 休門 直符 九天など
重視する格局青龍返首 飛鳥跌穴 玉女守門 天遁 地遁 人遁 神遁など

■奇門遁甲活用法 就職活動と求人募集

奇門遁甲を考慮して、就職活動や転職活動をする際には、本人が吉意を得ることが大事になります。 良き人材を得ようとする求人活動に関しては、会社の経営者か採用を決める人事権などを持つ人、才用の担当者が吉意を得ることが大事になります。 就職活動や転職活動の際には、良き情報と出会うために、事前に吉方位を得て就職や転職への流れに乗ることが大事になります。 時間に余裕があれば、定期的に吉方位を得ながら、本当に望む就職先を見つけるという流れで考えていけると良いでしょう。 また、強い吉方位を得てから、一気に就職活動や転職活動で結果を出すという手法でも問題はありません。


就職活動や転職活動では、活動してから結果が出るまでに時間が掛かることもあるため、定期的に奇門遁甲の吉方位を活用して後押しを得ておくことが大事になります。 業種や業務内容などにより、方位や要素を的確に分けるとより効率的になります。 試験や面接に行く際には、奇門遁甲立向時盤での吉方位となるように調整すること、会社側を起点として座山盤で吉方位から入ることなどを意識するとより効果的になります。 この際には吉方位で要素が良ければ良いに越したことはありませんが、良い要素が無ければ、凶方位を避けることが大事になります。 面接や試験の日時と奇門遁甲の立向盤と座山盤を合せて考慮し、計画的に事を進めていくことが大事になります。


求人や人材採用に関しては、担当者や経営者が吉意を得ておくのも大事になりますが、どのような人材が欲しいのかを明確にしておくことが大事でもあります。 また、面接や試験に訪れた人材が、どの方位から訪れて来たのかを座山盤で判断し、人材の良し悪しを判断することもできます。 良い方位から来た人材は良い人材でもあり、悪い方位から来た人材には何か問題があると判断します。 これに合せ、その人の命から潜在能力を考慮し、人材登用の可否を決めるという流れで進めると、良い人材を見極めることができます。 人材の採用問題に関しては、起業にとっては非常に大事になる要素でもあるため、慎重に判断することが大事になります。


このように、就職活動や転職活動、人材の募集に関しては、奇門遁甲の吉方位を積極的に活用し、求める職場や人材の内容に合わせて詳細を分けて考えて行きます。 優先的に考えるのは吉意が強い方位を積極的に活用し、それが無い場合には、詳細な内容に合わせて活用する盤を変えるという点になります。 立向盤や座山盤は、その時の状況により使い分け、より有利になるように事を進めることが大事になります。


就職活動
就職活動
求人募集
求人募集
▼奇門遁甲活用法 就職活動と求人募集
甲尊公務員などの国家資格などを伴う就職活動や転職活動
乙奇人事や接客、営業や医療関係などの、人を相手にする仕事への就職活動や転職活動
丙奇銀行や税務関係、経理や会計などの、金銭や収益に関する仕事への就職活動や転職活動
丁奇資格や試験、教育や知識などの、情報や企画などに関する仕事への就職活動や転職活動