きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 活用法造作法 > 業績向上や事業成功

■活用法造作法 目次


■奇門遁甲活用法 経営と繁栄 業績向上や事業成功

奇門遁甲を活用して、会社経営の成功や会社の繁栄を求める場合には、まず会社の方向性や事業内容を確認することが大事になります。 会社の方向性や事業内容が、社会に受け入れられるものかどうか、発展性のあるものかどうかが大事になります。 会社の方向性や事業内容に問題があり、根本的に成功や繁栄が見込めない場合には、奇門遁甲を活用しても得た効果を活用できないという事にもなります。 社会に必要とされる方向性や事業内容を目指し、事業を推進していく際に、奇門遁甲の効果を活用することで、その力強い後押しを得ることができます。 このような背景を基本とし、方向性や事業内容が問題ない場合、奇門遁甲を活用して開運効果を得ることで、会社経営の成功や繁栄に大きく近づいていくことができます。


奇門遁甲を活用して、会社経営の成功や会社の繁栄を考える際に大事になるのは「丙奇」の要素になります。 奇門遁甲を構成する要素の一つである「丙奇」は、財利を表すとされ、業績の上昇や利益を得るには必要不可欠な要素ともなります。 この丙奇を積極的に取り入れることで、会社の業績や利益が上がること、株価の上昇や資金獲得の大きな後押しを得ることができます。 企業の本社を不動産購入から建築を行う際には、立向盤や座山盤の年盤を活用して積極的に吉方位の吉意を得ることが大事になります。 本社の移転や支店の出店を考える際には、月盤を活用して吉方位に移転や出店を考えることで吉意を得て発展への後押しを得ることができます。


本社となる建物を建造する機会は、それほど多くは無く、本社や店舗の移転や出店に関しても、多くなることが無いのが通常の事になります。 本社の建造や移転、支社や店舗の出店や移転を考える際には、年盤と月盤を重視して考えることが大事になります。 建築や移転などではなく普段の業務の中で、会社経営の成功や繁栄への気を得るには、日盤を積極的に活用していきます。 出張や視察などで宿泊を伴う際には、奇門遁甲の日盤を駆使して計画を立てることが大事になります。 また、奇門遁甲の日盤を活用して、経営者が開運旅行などを行うことで、会社経営の後押しを得るというのも大事になります。 場合によっては、社員旅行などを奇門遁甲を活用して計画していくことで、社員全員を開運させるという手法もあります。


奇門遁甲にて会社経営の成功や繁栄を考える際には、上記にあるように「丙奇」を積極的に活用し、「生門 開門」を併せて取るようにします。 奇門遁甲の格局では「丙奇得使 丙奇昇殿 神遁 天遁」などを積極的に活用し、「飛鳥跌穴 三吉門」も非常に効率的に活用できます。 これらの要素を積極的に活用し、会社経営の後押しを得るというのが、奇門遁甲の活用法の一つになります。


経営と繁栄
経営と繁栄
業績向上や事業成功
業績向上や事業成功
▼奇門遁甲活用法 経営 繁栄
重視する要素丙奇 生門 開門 (休門は補足) 直符 九天など
重視する格局丙奇得使 丙奇昇殿 神遁 天遁 飛鳥跌穴+三吉門

■奇門遁甲活用法 会社経営の成功と会社の繁栄

上記にあるように、会社経営の成功や会社組織の繁栄を考える際には、奇門遁甲では「丙奇」を積極的に活用していきます。 業績を上げるという面での成功であれは、この「丙奇」が非常に重要な要素になり、社会進出や発展などを考える際には「甲尊」も旬首六儀を考慮して活用できます。 また、組織内の人間関係の安定化や協力体制の強化を検討するという場合や、顧客獲得や顧客との関係の形成、紹介などを含めて人間関係に焦点を当てる場合には「乙奇」を活用します。 専門的な知識や研究分野での結果を出そうとする際には、「丁奇」などを活用していきます。 このように、会社経営の成功や発展に関して、どのような状況が必要なのかを明確にする必要が有ります。 経営者として、会社の方向性や事業内容を明確にし、会社の状況を正確に把握しておくことで、奇門遁甲をより的確に活用することができます。


純粋に業績や利益という面での会社経営の成功や繁栄であれば、丙奇を積極的に活用し、財利を得るというのを基本に考えます。 この丙奇重視の考え方に合わせて、八門の「生門 開門」あたりの要素を併せて考えて行きます。 休門は事業内容や方向性によっては活用できますし、他の凶門よりは積極的に活用して問題ない吉門になります。 八神では「直符 九天」あたりの要素を併せて活用していければ、業績や利益の上昇に強い後押しを得ることができます。 奇門遁甲の格局で考えると、「丙奇得使 丙奇昇殿 天遁 神遁」は鉄板の格局になり、どのような時にも活用できる「飛鳥跌穴 三吉門」の組合せも活用できます。


会社経営の成功や会社の繁栄を考えた際に、社内の人間関係の安定や円満、協力体制の最適化、取引先などとの人間関係を主題とする場合には「乙奇」を重視します。 このように奇門遁甲での人間関係に対して、主題を置いての成功や繁栄を考える際には、「乙奇」を重視し、「生門 開門 (休門)」を併せて活用していきます。 八神では「直符 太陰 六合 九地 九天」の吉神を併せて活用していければ、社内の円満や協力体制の確立、取引先や顧客との関係の向上に強い後押しを得ることができます。 奇門遁甲の格局で考えると、「乙奇得使 乙奇昇殿 地遁 (人遁)」は鉄板の格局になり、どのような時にも活用できる「飛鳥跌穴 三吉門」の組合せも活用できます。


会社経営の成功や会社の繁栄を考えた際に、知識や情報分野での成功、専門的な研究や教育面などの知識や情報を主題とする場合には「丁奇」を重視します。 このように奇門遁甲での知識や情報分野に対して、主題を置いての成功や繁栄を考える際には、「丁奇」を重視し、「生門 開門 (休門)」を活用していきます。 八神では「直符 太陰 六合 九地 九天」の吉神を併せて活用していければ、より有益な情報や人材の獲得、研究分野での発見や質の向上などに強い後押しを得ることができます。 奇門遁甲の格局で考えると、「丁奇得使 丁奇昇殿 人遁 鬼遁」は鉄板の格局になり、どのような時にも活用できる「飛鳥跌穴 三吉門」の組合せも活用できます。


会社経営の成功
会社経営の成功
会社の繁栄
会社の繁栄
▼奇門遁甲活用法 会社の方向性と事業内容
甲尊社会的な地位や知名度の向上 立場や存在感の上昇など
乙奇社内の人間関係や協力体制 取引先や顧客との関係の向上など
丙奇業績や利益の上昇 経済基盤の上昇や融資獲得 経済力の上昇など
丁奇知識や情報分野での質の向上 専門分野や研究分野での成功や発見など

▼事業内容と奇門遁甲の格局
業績 利益 地式丙奇得使 丙奇昇殿 天遁 神遁 ※飛鳥跌穴 三吉門
人間関係 協力乙奇得使 乙奇昇殿 地遁 (人遁) ※飛鳥跌穴 三吉門
知識情報 研究丁奇得使 丁奇昇殿 人遁 鬼遁 ※飛鳥跌穴 三吉門