きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 活用法造作法 > 妊娠出産と子孫繁栄

■活用法造作法 目次


■奇門遁甲活用法 妊娠や子宝と家庭円満

奇門遁甲を活用して妊娠や出産を考えていく場合には、まず円満な夫婦関係の形成が必要になります。 子作りができる環境でなければ、妊娠を期待することも難しく、夫婦関係が悪化している場合には、そこを改善することが必要になります。 夫婦関係を良好にするためには、別項目の「結婚や縁談 家庭円満」の内容を参考にしてください。 円満な家庭環境の形成という面では、月盤を使用して長期的な関係形成を推進していくのも良いでしょう。 妊娠や出産を考える際には、良い方位があれば月盤を使用し、定期的な日盤で計画的に子作りをしていくのが基本となります。


立向盤による引っ越しなどが現実的ではない場合には、座山盤の造作法などを用いて対応していきます。 日盤では、立向盤座山盤を活用し、妊娠や出産に良い気を取り入れていくのが基本になります。 妊娠や出産に良い気は、乙奇と生門が基本となり、三奇や吉門を重視することが大事になります。 特に母体となる女性の運気が大事になるため、女性がこの吉意を取り入れることができるかが重要になります。 夫婦円満と考えれば、夫婦共に奇門遁甲を活用し、この妊娠や出産に良い気を取り入れるようにしていけると問題ないでしょう。


格局で考える際には、「飛鳥跌穴 神遁 地遁 人遁 龍遁 乙奇得使 乙奇昇殿」などを積極的に活用していきます。 飛鳥跌穴と神遁は困った際には、大抵の内容には活用できる格局であり、飛鳥跌穴は三吉門と同宮していることが大事になります。 人の生死は神のみぞ知ると言う観点から、神遁を活用して子宝祈願をするのも良いでしょう。 夫婦関係の円満と同時に、子供の縁を得るという観点から乙奇と積極的に活用します。 風水では妊娠を考える際に、水行(五行の水の気)を積極的に取り入れることが良いという面から龍遁も活用できます。 特に女性側の名に水行が不足している際には、龍遁や日常生活で水行を取り入れることが大事になります。


奇門遁甲で妊娠を考える際には、上記の内容が重要になりますが、それ以前に夫婦の健康状態も大事になります。 心身ともに健康であり、妊娠や出産ができる状態にあるのかは事前に確認しておきましょう。 問題がある場合には、数ヶ月~数年単位で準備に時間が掛かることもあるため、計画的に事を進めることが大事になります。 夫婦関係の状態と夫婦の健康状態などを考慮して、奇門遁甲を活用しての妊娠や出産を計画的に進めていくのがここでの基本の考え方になります。


奇門遁甲活用法と妊娠
奇門遁甲活用法と妊娠
奇門遁甲活用法と家庭円満
奇門遁甲活用法と家庭円満
▼奇門遁甲活用法 妊娠や子宝と家庭円満
大事な要素乙奇と生門が基本 三奇と三吉門を重視 太陰六合九地なども良い
活用する格局飛鳥跌穴 神遁 地遁 人遁 龍遁 乙奇得使 乙奇昇殿

■奇門遁甲 出産や安産と子孫繁栄

上記のように奇門遁甲を活用して妊娠できた際には、安産や子供の健康、子孫繁栄を考えていくことが大事になります。 出産と安産や子孫繁栄に関しても、外せない要素となるのは家庭円満であり良好な夫婦関係を形成していくことになります。 妊娠後に夫婦関係が悪化しても、赤ちゃんに悪影響がありますし、出産後に家庭不和で離婚しても残念な家庭となってしまいます。 妊娠や出産は、子孫繁栄や家族形成の大事な分岐点にもなりますので、夫婦関係が常に円満になるように努力し、運を得ることは大事になります。 家庭円満や良好な夫婦関係の形成は、奇門遁甲のこれまでの説明にもあるように「乙奇」が大事になり、三吉門と併せて定期的に取り入れることが大事になります。


奇門遁甲で妊娠後の出産や安産、その後の子孫繁栄を考えていく際には、やはり妊娠と同じように「乙奇と生門」を基本とし、三奇や三吉門を積極的に取るようにします。 基本の格局は妊娠と同じで、「飛鳥跌穴 神遁 地遁 人遁 龍遁 乙奇得使 乙奇昇殿」などを活用していきます。 これに合わせて「天遁 丙奇得使 丙奇昇殿」なども取り入れていければ、子孫繁栄への運気を得ることができます。 このあたりは出産後でも問題はありませんが、胎児の成長や健康を求める際には積極的に活用しましょう。 とは言え、母となる妊婦が無理して何かあると元も子もないため、現実的な範囲内で無理なく奇門遁甲を活用するのが重要になります。


奇門遁甲で出産や安産、子孫繁栄を考える際には、基本は日盤で出産に向けて気を得ることが大事になります。 立向盤で旅行に行くのも良いですが、母親となる妊婦の状態によっては座山盤の造作法などを活用して気を取り入れることも考慮していきます。 妊娠前よりも融通が利かなくなるのが出産までの時期になりますが、無理をせずに状態に合わせて奇門遁甲を活用するのが基本となります。 出産後の子孫繁栄などを奇門遁甲で考える際には、数年単位で計画し、立向年盤を活用しての不動産購入や、立向月盤を活用しての引っ越しを積極的に活用していきましょう。 奇門遁甲の日盤を活用し、定期的に開運法を用いて効果を得るというのもお勧めの手法になります。 子孫繁栄という長期的な計画を立てる際には、年盤や月盤を計画的に活用し、日盤や時盤は短期的な繋ぎや安定した基盤を得る目安とします。


奇門遁甲と出産や安産
奇門遁甲と出産や安産
奇門遁甲と子孫繁栄
奇門遁甲と子孫繁栄
▼奇門遁甲活用法 出産 安産 子孫繁栄
出産安産乙奇が基本 妊娠初期:生門 妊娠中期:休門 妊娠後期:開門 三奇 吉八神
活用格局飛鳥跌穴 神遁 地遁 人遁 龍遁 乙奇得使 乙奇昇殿
子孫繁栄飛鳥跌穴 神遁 天遁 丙奇得使 丙奇昇殿 妊娠中からも考慮