きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 活用法造作法 > 恋愛成就と良縁獲得

■活用法造作法 目次


■奇門遁甲活用法 良縁と恋愛

奇門遁甲を活用して、出会いや恋愛、良縁を考えていく基本は、月盤を活用して大きく状況を変えるか、日盤を活用して短期決戦を検討するかになります。 長期的な良縁や恋愛を考慮する場合には月盤で流れを変え、短期的に良縁を求める際には日盤を定期的に活用していきます。 通常の奇門遁甲で月盤を活用する際には、引っ越しなどが必要になりますが、造作法などを活用すると移動などをせずに活用することができます。 日盤では旅行などをして、運気を得る事が必要になりますが、造作法などを活用すると移動などをせずに活用することができます。 良縁を求める際には、男性と女性での考え方が一部変わるため、内容を間違えないようにする必要が有ります。


男性の場合には、「飛鳥跌穴 青龍返首 天遁 神遁 丙奇昇殿」を積極的に活用し、良縁を求めるというのが基本的な活用法になります。 男性の場合には「丙奇」を上手く取り入れることが大事になり、これ以外にも丙奇が強くなる方位であれば、良縁を求める際に活用することができます。 丙奇は財運とも関わるため、男性の場合は良縁と財運とを似た要素として考慮していくことができます。 「飛鳥跌穴 青龍返首 天遁 神遁 丙奇昇殿」の格局は全て丙奇が絡むため、男性が良縁を求める際には丙奇が重要になるのが分かります。 八字命術(四柱推命)などでの財星と同じような考え方であり、男性は丙奇を積極的に取り入れることで、良縁を手にすることができるようになります。


女性の場合では、「玉女守門 地遁 人遁 鬼遁 丁奇昇殿」を積極的に活用し、良縁を求めるというのが基本的な活用法になります。 女性の場合には「丁奇」を上手く取り入れることが大事であり、これらの吉格局以外でも、丁奇が強くなる方位であれば、良縁を求める際に活用することができます。 また、女性の場合には、「乙奇」も大事になり、円満な関係を形成し、安定を求める際には乙奇も考慮します。 「玉女守門 人遁 鬼遁 丁奇昇殿」は全て丁奇が関連し、「地遁」は乙奇が関連するのはこのためでもあります。 この中でも「鬼遁」に関しては、扱い方も慎重さが求められるため、他の要素などを考慮する必要が有りますが、上手く活用できれば迅速な結婚に繋がる良縁が期待できます。


これらの男性と女性によって、考慮する要素が変わるため、出会いに関しては性別を元に遁甲盤を検討していくことが必要になります。 男性の場合では、良縁と財運が共に得られるという流れになり、女性の場合では良縁と共に知識や柔軟性が共に得られるという流れになります。 この格局などの基本要素に、他の要素を加えることにより、より強い要素の縁を取り入れることもできます。 地位の向上や社会的成功を得る事であれば甲尊と併せて考え、財力や幸運と成功を得る事であれば丙奇と併せて考えます。 人間関係の向上や円満な家庭の形成を考慮すれば乙奇と合わせ、知識や情報と柔軟性や資格取得などを考慮すれば丁奇と併せて考えて行きます。


このように、単純に良縁や出会い、恋愛を考慮する際にも、色々な活用法があり、色々な要素を用いてその結果を得る事ができるのが奇門遁甲の特徴ともなります。 目的や趣味嗜好に合わせて良縁を求めるのも良いですし、その時に巡る盤を活用して良縁を求めるのも良いでしょう。 月盤や日盤は使いやすい方を活用し、その応期や持続時間を考慮して活動していくというのも基本の活用法になります。


奇門遁甲活用法と良縁
奇門遁甲活用法と良縁
奇門遁甲活用法と恋愛
奇門遁甲活用法と恋愛
▼出会いや良縁と恋愛
男性丙奇を積極的に活用する 格局「飛鳥跌穴 青龍返首 天遁 神遁 丙奇昇殿」など
女性丁奇と乙奇を積極的に活用する 格局「玉女守門 地遁 人遁 鬼遁 丁奇昇殿」など

■良縁や恋愛の具体的な手法

奇門遁甲で良縁を獲得することを望む場合には、長期的に考えれば月盤などの転居などで良縁獲得や出会い運を上昇させること、恋愛運を上昇させることが大事になります。 手軽に考える際には、日盤を用いて出会い運や恋愛運を上昇させていくという流れになります。 日盤を考慮する際には、効果が概ね60日間となるため、恋活などの出会いを求めていく時期に合わせて奇門遁甲を活用しておくようにします。 日盤を現実的に活用するのであれば、立向盤では一泊以上の開運旅行に行き、出会い運や恋愛運を上昇させます。 座山盤では、造作法などを用いて出会い運や恋愛運を上昇させます。 この使用した盤の応期を考慮して、出会いや恋愛に備えて置くようにします。 この際に命により出会い運や恋愛運が良い時期に合わせておくと、より効果的になります。


良縁を求める際には、「乙奇」を積極的に取りに行くのが基本になります。 特に天盤干の「乙奇」を大事にし、八門は三吉門「休門 生門 開門」と「景門」を活用していきます。 地盤干は求める条件などで考慮しても良いですが、凶格を形成する組合せは避ける必要が有ります。 天蓬九星や八神に関しては、良いものに越したことはありませんが、上記の内容がそろっていれば問題なく使えます。


恋愛を求める際には、上記の内容に加えて、男性なら「丙奇」女性なら「乙奇」意識して奇門遁甲を活用していくことが大事になります。 特定の相手との恋愛を求める際には、奇門遁甲で開運効果を得て運気を上昇させることも大事ですが、実際に自分を磨くこと、相手との関わりを持つことが大事になります。 普段からの努力が基盤となり、開運効果を積み上げることで、恋愛成就に近づくことができます。 自分と相手との関係に足りていないものは何かを明確にし、そこを補てんするような奇門遁甲の効果を得るというのも大事になります。 会話が足りなければ、会話能力を向上させる乙奇や丁奇、生門や景門、直符などを得るという具合になります。 信頼関係や情が足りない場合には、信頼関係を築き情を深める戊儀や己儀、休門や生門、太陰や六合などを得るという具合になります。


このように目的に合わせて、奇門遁甲で得る効果を変えて行きます。 その基本になるのが奇門遁甲盤を構成する要素の象意になりますので、象意はある程度把握しておくことが大事になります。 また、このような詳細が分からない場合には、格局で代用していけば問題はありません。 良縁や出会い全般に対して、「飛鳥跌穴 神遁 天遁 地遁 人遁 玉女守門(女性)」あたりを意識して奇門遁甲を活用できれば、十分な効果が期待できるでしょう。 立向盤と座山盤を駆使して恋愛運を上昇させるという手法の解説になります。


奇門遁甲で良縁を得る
奇門遁甲で良縁を得る
奇門遁甲で恋愛を成就
奇門遁甲で恋愛を成就
▼良縁や恋愛の具体的な手法
良縁「乙奇 三吉門(景門)」を積極的に取りに行く 凶格局は避けること
恋愛良縁を基本 男性は丙奇 女性は乙奇と丁奇 凶格局は避けること
両方飛鳥跌穴 神遁 天遁 地遁 人遁 玉女守門(女性)の吉格局が基本となる