きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 活用法造作法 > 運とは何か

■活用法造作法 目次


■運とは何か?

奇門遁甲を開運法として活用していくことは大事になりますが、そもそも「運」とは一体何でしょう。 この「運」の定義を明確に理解しておかないことには、奇門遁甲やその他の占術を用いて開運しても実感が湧かないという事が少なくはありません。 奇門遁甲を開運法として使用し、効果が無いという人に関しては、まさにこの運の概念や根本的な環境や普段の生活を見直すことも大事いなります。 では、運とは何か、運とは「めぐりあわせ」となり、特に「出会い」の事になります。 この出会いが良い状態が幸運であり、出会いが悪い状態が不運という事になります。 この出会いというのは、一般的な人物との出会いだけではなく、物や情報などにも当てはまります。 運が良い状態になると、初対面での人との出会い運が良くなり、質の高い良い人と出会うことができるようになります。 また、質の高いものを手に出来ること、質の高い貴重な情報が得られることなども期待できるようになります。


良くある話として、財布を落としたから運が悪い、事故を起こしたから運が悪い、彼氏にふられたから運が悪いと誤解する人が居ます。 しかし、これらの出来事は全て自分の過失が原因で訪れる問題であり、運の良し悪しではなく自分に問題があることを認識する必要が有ります。 運の良し悪しが顕著に表れるのが、これらの出来事が訪れた後の対応の部分になります。 運が良い人の場合、落とした財布を拾ってくれる人が良い人であり、届け出てくれることや何も失う事無く手元度戻ってくることになります。 運が悪い人の場合、落とした財布を拾ってくれる人が悪い人であり、届け出てくれることもなく全てを失い、場合によっては悪用されてしまうという事にもなります。 運が良い人の場合、事故を起こした相手が良い人であり、対応が紳士的で誠実なものであり、問題解決まで順調に進むという具合になります。 運が良い人の場合、彼氏にふられた後に、本当に良い人との出会いや恋愛が始まり、順調な交際を経て結婚に至るという具合になります。


財布を落とすことや事故を起こすこと、電車に乗り遅れることや仕事で問題を起こすことなど、人生において失敗と呼べる経験をすることは少なくはありません。 しかし、間違えてはいけないのが、運が悪いから失敗したのではなく、自分の過失で失敗したのが事実であることになります。 「失敗したのは運が悪かった。」と思う人や言う人は、自分の過失や失敗を認めず、運や他人のせいにして成長することがありません。 このような人が奇門遁甲の開運法を活用して、運を良くしようとしても、運の本質を間違えて捉えているかぎり、その本来の意味での恩恵を感じることができません。 もし、これまでこのような考え方をしていた際には、すぐにでも「運」に対しての考え方を改善するようにしてください。


本当に向上心のある誠実で能力の高い人は、精一杯の努力をして成功した際には、「運が良かった。」と言うことが多くなります。 逆に「運が悪かった。」という人ほど、努力をせず実力も能力も低い割には、結果を求めているという事が多くなります。 運(めぐりあわせ)の大切さを理解している人ほど、能力も実力もあり、周囲に感謝し縁を大事にしています。 「自分は運が悪い」と思っている人は、周囲に対して感謝できずに否定的であり、悲劇の主人公となり幸運が舞い込むことはありません。 「自分は運が良い」と思うことが開運への第一歩であり、これから活用する奇門遁甲の開運法をより効果的に活用することができるようになります。 奇門遁甲の開運法で運を向上させ、状況や変化を期待する際には、運の本質を理解し、「めぐりあわせ」を大事にすることを忘れないようにしましょう。


奇門遁甲の開運法
奇門遁甲の開運法
運とは何か?
運とは何か?
▼運とは何か?
運とは「めぐりあわせ」であり「出会い」
人や物や情報との巡り合わせであり出会い
物事が動いた際の内容と結果

■運が良くなると起こること

奇門遁甲を開運法として活用していくことで、運を一時的に向上させることができます。 定期的に活用していくことで、運の質を底上げしていくことができ、それを重ね続けていくことで、ひとつもふたつも上の世界に立つことができるようになります。 普段から運を意識し、磨き上げていくことで次第に環境や状況が変わることになります。 奇門遁甲で開運する際に大事になる考え方は、一度の使用で望みの全てを成就させようと思わないことになります。 上記での運の本質のところでも触れましたが、努力を続けていくことで成功するという概念と同じように、運を向上させ続けていくことで本来の目的地に向かえるという事になります。


もちろん、奇門遁甲を1度活用しただけで、望みが叶うことや、環境が大きく変わることもあるでしょう。 それは、それまでの努力や積み重ねがあり、望みが手の届くところまで訪れて来ていたというのもあります。 望みが叶うと、次の望みが生まれてくるのが人間の尽きぬ欲望ですが、同時に向上心でもあり、そこに向けて再度努力し、運を上昇させていくというのが奇門遁甲の開運法でもあります。 その時その時の目的地に適切な手法で開運するというのが、奇門遁甲の本来の意味での活用法になります。


結婚したいという人が、金運上昇の手法で開運しても結婚できずに奇門遁甲に疑問を持ってしまうこともあるでしょう。 同じく固定給しか収入手段が無い人が、金運上昇の手法で開運しても、やはり限界がありその効果に疑問を感じることになります。 結婚したいという人に関しては、結婚に繋がるような良質の出会いを求める手法で開運することが大事になります。 固定給を上昇させたい場合には、仕事での成功や出世、成績や数字を上昇させるというような、仕事内容面での成功を求める手法で開運することが大事になります。 上記の運のところにもありますが、運とはめぐりあわせになるため、良質な人や物、情報と巡り合い、その縁を大事にするというのが開運法の基本事項になります。


運が良くなると
運が良くなると
適切な手法をとること
適切な手法をとること

これらの事を踏まえ、実際に奇門遁甲を活用して開運していくことで運が良くなることになります。 実際に運が良くなると起こる出来事は、活動する舞台の質が高くなる、関わる人の質や能力が高くなる、訪れる情報の質が高くなるという事などになります。 生活環境や普段行動を共にする人の層が変わり、出会う人や物、情報の質が変わってくることになります。 運が良くなれば良い方に変わることになりますし、運が悪くなれば悪い方に変わってしまうことになります。 質の低い人間関係に悩む場合には、自分の運を良くすることでそこから抜け出すことや問題のある人が離れて行くことが期待できます。 逆に質の低い人間関係に悩む場合には、自分の運の質もその人間関係と同じであることを認識し、気づきが得られたことに感謝して運を向上させるようにしましょう。


運が良くなると、恋愛での出会いを求めた際には、その運に見合う範囲内で、誠実で真摯的な高収入の眉目秀麗な人と出会えるようになります。 また、出会う場所や出会い方なども含め、良い情報が得られるというのも運が良くなると自然と訪れる事象になります。 逆に運が悪い場合には、恋愛で出会いを求めたのにもかかわらず、真剣交際を望まない遊び人のような人や、結婚詐欺などを目的としているような人と出会ってしまうという事になります。 運が悪いと得られる情報の質も低くなるため、結婚詐欺のような内容を信じてしまうことや、霊感商法のような手に乗せられてしまうという事もあります。


運が悪いと思うことで、自分自身の運を悪化させてしまうことになり、対処が遅れると取り戻しができないほどの泥沼に陥っていることも少なくはありません。 運を良くするには時間も努力も必要になり、手遅れになる前に常に対処をしておくことが、奇門遁甲の活用法でもあります。 周囲の環境や人間関係、めぐりあう人や物、情報などの質が高まり、不要なものが離れて行くことになるというのが、ここでの「運が良くなるとどうなるか」という答えになります。 運が良くなると住む層が変わる。その層は魚の生息層のようだ。と、運の層を魚の生息層に例えて良く説明されています。 類は友を呼ぶという言葉や、引き寄せの法則という考え方は、この同じ層での出会いやめぐりあわせのようなものになります。


運が良いと思うこと
運が良いと思うこと
運とはめぐり合わせ
運とはめぐり合わせ
▼運が良くなると起こること
良質な人や物や情報との出会いがある
めぐりあわせが良くなり物事が順調に進む
抱えていた問題や障害が自然と解消される
周辺環境がより良いものに変わる
間が良くなり様々な面で好機が訪れる