きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 象意と格局 > 三奇六儀の象意と解説

■象意と格局 目次


■奇門遁甲の三奇六儀

ここでの奇門遁甲では、遁甲盤を作成する構成要素の中で、非常に重要になるのが地干と天干になります。 流派によりこの地干と天干を重視するかどうかは変わりますが、ここでの奇門遁甲は非常に重要な要素になります。 奇門遁甲盤を構成する要素の中でも最重要となるのがこの地干と天干になります。 この天地干がどのような組み合わせになるのかで、その方位の吉凶が概ね定まってくるというくらいの位置づけになります。


この地干と天干を構成することになるのが、甲尊と三奇六儀になります。 三奇六儀とは、基本は十干の要素になり、「乙奇 丙奇 丁奇」の三奇と、「戊儀 己儀 庚儀 辛儀 壬儀 癸儀」の六儀に別れます。 「甲尊」は甲であり、十干を「甲尊 三奇 六儀」に分けて考えるというのが奇門遁甲の十干の考え方であり、甲尊三奇六儀の考え方になります。 十干とは、「甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸」になり、古代中国では数字の数え方として活用されていたものになります。


三奇六儀の象意

三奇六儀の象意


▼甲尊と三奇と六儀
分類内容
十干甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸
甲尊
三奇乙奇 丙奇 丁奇
六儀戊儀 己儀 庚儀 辛儀 壬儀 癸儀

■奇門遁甲の三奇の象意

三奇六儀の中で、三奇にあたる「乙奇」「丙奇」「丁奇」の象意の解説になります。 奇門遁甲における三奇は、吉意を持つのが基本とされます。 旬首になる事も無く、奇門遁甲の遁甲盤の中では、常に吉意を持ち、遁甲盤を構成することになります。 この三奇を有効的に活用できるかどうかで、奇門遁甲の開運効果を的確に活用していくことができます。


三奇の一つである「乙奇」は、人間関係や心に通じる意があり、「安定と安心を得る 婚姻や男女の和合 人間関係の安定や交流を円満活性化」などの象意が有ります。 心の面を重視するのがこの乙奇であり、人間関係を良好にすることや、男女関係の和合などに活用されます。 不安定になった人間関係の修復をする際や、人の興味や関心を集める際、出会いや恋愛を求める際に非常に有効的な象意を持ちます。 恋愛関係では、結婚や親族との関係向上に向けての運気を得る事ができます。 職場や仕事面では、上司や周囲の人間関係での立場の向上や安定が期待でき、集客力や信頼を得る際に重要になります。 人の心に作用するのが乙奇であり、男女問わず人間関係や恋愛結婚などを考慮する際には最優先で考えることになります。


三奇の乙奇の図象

三奇の乙奇の図象


三奇の一つである「丙奇」は、物質面での向上に通じる意があり、「財産と繁栄を得る 財産や物質面の上昇 経済力の安定や発展と仕事の躍進」などの象意が有ります。 金銭運の向上や、仕事などでの立場の上昇、物質面で満たされるかどうか、将来の成功や繁栄への一歩を踏み出す際に活用されます。 仕事の成功や収入上昇などの、物質的な面での幸福や繁栄というのが背景にあります。 乙奇では精神面での成功と繁栄を背景にしていますが、丙奇では物質面での成功と繁栄を背景にしています。 非常に現実的で活用頻度が高い要素でもあり、この丙奇と甲尊との組み合わせで構成される「青龍返首」や「飛鳥跌穴」は奇門遁甲では欠かせない要素とされています。


三奇の丙奇の図象

三奇の丙奇の図象


三奇の一つである「丁奇」は、知識面での向上に通じる意があり、「知恵と知識を得る 知力や応用力の上昇 試験や研究面での発展と発想力の獲得」などの象意が有ります。 情報収集や試験勉強での効率の向上、意思や覚悟の後押しになり、目的達成に対しての手順や具体的な方法を得る際に活用されます。 必要な情報や適切な対応手段などを得られるほか、頭の回転や応用力が向上していくこと、視野が広がり覚悟が固まることなどが背景にあります。 三奇の中では少々地味な内容ではありますが、勝負を掛ける際には外せない要素でもあり、直観力や応用力を高めることができます。 特に受験や資格試験、卒業試験や入社試験などの際には非常に心強い要素にもなります。


三奇の丁奇の図象

三奇の丁奇の図象


▼奇門遁甲の三奇の象意
三奇内容
乙奇安定と安心を得る 婚姻や男女の和合 人間関係の安定や交流を円満活性化
丙奇財産と繁栄を得る 財産や物質面の上昇 経済力の安定や発展と仕事の躍進
丁奇知恵と知識を得る 知力や応用力の上昇 試験や研究面での発展と発想力の獲得

■奇門遁甲の六儀の象意

三奇六儀の中で、六儀にあたる「戊儀」「己儀」「庚儀」「辛儀」「壬儀」「癸儀」の象意の解説になります。 奇門遁甲における六儀は、吉意もありますが凶意もあり、使い方によっては吉意になることもあるという具合に考えます。 基本は平~凶というような象意になりますので、積極的に活用するものではありません。 しかし、旬首の概念から、旬首六儀を甲尊として考慮することになる場合には、積極的に活用することもあります。 その際には甲尊の象意を重視しますが、その背景に六儀の象意があることを忘れないことが大事になります。


六儀の一つである「戊儀」は、信頼関係の構築に通じる意があり、「交友関係の形成や信頼の獲得 交渉や商取引を有利に進められること 状況を的確に進められること」などの象意が有ります。 周囲や目上からの信頼を得て立場が向上していくこと、安定した状況や人間関係を構築していくこと、そのための成果や条件を得る際に活用されます。 安定した結果を出すことや、信頼される評価を得ること、人との交渉や商談を思うように進められること、丙奇ほどではなくとも財気を得られるなどの背景があります。 特に旬首となる場合には、信頼を勝ち得て立場が向上していくことや、条件などの待遇が良く成ること、商談などが大きな結果を生み出すという要素になります。


六儀戊儀の図象

六儀戊儀の図象


六儀の一つである「己儀」は、周囲からの興味関心を得る意があり、「人気の上昇や愛情の獲得 周囲からの温情を得ること 自身の魅力や才能への評価を得ること」などの象意が有ります。 周囲からの注目を浴びて人が集まることや、人気が上昇して評価が得られること、愛情や温情を得て異性との関係が充実すること、そのための有益な情報や努力を実らせる際に活用されます。 人気を得るという事から、人に注目されることになるため、目立ちたくない時や人に知られたくない際には注意が必要になります。 恋愛や婚活をする際には、情を集めるという意味で活用することはできますが、他の吉格局を用いた方が効率的な部分もあります。 特に旬首となる場合には、吉格局を形成することもあり、人気運や愛情の獲得という面で活用できると、効果的に象意を獲得できることになります。


六儀己儀の図象

六儀己儀の図象


六儀の一つである「庚儀」は、危険や災難を得る意があり、「問題や障害の発生 不慮の事故や危険に遭遇する 問題や犯罪に巻き込まれる 危機的状況に追い込まれる」などの象意が有ります。 基本は問題や障害が発生して道が閉ざされてしまうことや、不慮の事故や事件に巻き込まれて不遇な思いをするという象意を持ちます。 そのため、奇門遁甲では庚儀を積極的に活用することはありません。 むしろこの庚儀は避けることが奇門遁甲の活用法でもあり、不要な問題から遠ざかること、事件や事故に巻き込まれないようにすることという意味合いで避けるようにします。 旬首となった際にも、基本はこの庚儀が巡る方位は避けるのが基本になります。


六儀庚儀の図象

六儀庚儀の図象


六儀の一つである「辛儀」は、私利私欲から離れ無私無欲になる意があり、「宗教や慈善活動に従事する 修行や修道に励む 感情とは無縁になる」などの象意が有ります。 基本は庚儀ほどではないにしても凶意を持ち、問題や障害が発生すること、苦しい思いをしても得るものが無いこと、全ては世のため人のために励むことという象意を持ちます。 庚儀と同じように、奇門遁甲では辛儀を積極的に使用することはほぼありません。 庚儀と同じように、辛儀も避けるのが基本であり、宗教や慈善事業を積極的に検討する際意外に使用することはありません。 実際には宗教や慈善事業を考える際にも、他の格局を活用したほうが無難になります。 旬首となり甲尊として考慮する際にも、このような背景があるのを考慮しておくことが大事になります。


六儀辛儀の図象

六儀辛儀の図象


六儀の一つである「壬儀」は、人との競争や競技、賭け事や投機に対して有利になる意があり、「競争や競技で勝負強くなる 賭け事や投機で有利になる 勝負事で勝利を収める」などの象意が有ります。 好敵手との戦いを有利にする目られ、勝利を手にすることができる他、賭け事や投機などでも有利に事を進められること、そのための有益な情報や協力者を得られることという象意を持ちます。 周囲との競争性を持つことに関して、有利に事を進められるため、使用頻度は比較的多くなります。 特に旬首となり甲尊として考える際には、このような背景が出てくるため、競争の中で上を目指していけること、投機などでも成功を求める際に活用できます。 丙奇や吉格局と併せて、投機や投資などでの成功に向けて活用するということなども的確な使用法になります。


六儀壬儀の図象

六儀壬儀の図象


六儀の一つである「癸儀」は、周囲から離れて目立たなくなる意があり、「身を隠して隠居する 秘密ごとを進める 物事を清算して過去の事にする」などの象意が有ります。 余り積極的に活用することが無いのが癸儀になりますが、隠遁生活を送る際や、目立たずに事を進めたい際には活用できることもあります。 問題をうやもやにするという意もありますが、一時的なものになるため、後で露呈してしまうという事も想定する必要が有ります。 この癸儀も庚儀ほどではないにしても凶意を持ち、問題や災難が発生し、悩み事を抱える状況に陥るというのが背景にあります。 物事が終わり終止符が打たれること、予定や良い話が水に流れてしまうことなどの象意があります。


六儀癸儀の図象

六儀癸儀の図象


▼奇門遁甲の六儀の象意
六儀内容
戊儀信用と信頼を得る 立場と評価の上昇 商取引や商談の成功と将来性を期待される
己儀感情と人気を得る 期待と人気の獲得 周からの情が集まり人気が高まる
庚儀問題と障害の発生 波乱と混乱の到来 吉意が無く問題や障害が訪れ凶意が高まる
辛儀勉学や修道の過程 私利私欲から離れる 宗教や研究面での成功 財とは無縁
壬儀勝負と競争と発生 勝負力と闘争心の上昇 勝負事での成功や戦略の獲得 争い事の発生
癸儀悩みと逃避の発生 不安と不安の到来 不明瞭な状況と悩みの発生 過去と物事の清算

■奇門遁甲の甲尊の象意

天干と地干を構成する十干の中で、甲は「甲尊」と呼ばれ独特な位置づけになります。 三奇六儀が基本の天地干の構成要素になりますが、旬首という概念から旬首六儀が甲尊として扱われることになります。 甲尊の象意としては、「地位や立場の上昇 周囲や目上からの信頼を得て道が開かれること 何事も状況が良くなり一つ上の段階に進めること」などの象意が有ります。 状況が明るくなり、一つ上の段階に進めるというのが背景にあるため、全ての事においての良い意が期待できることになります。 功名を得て人気を伸ばすことや、周囲からの注目を集めること、信頼を勝ち取ることや条件や立場が良く成ることなど、あらゆる面で活用できる象意になります。


この甲尊は旬首六儀が背景にあるため、その旬首となる六儀の象意も把握しておくことは大事になります。 六儀の中でも、庚儀や辛儀、癸儀などが旬首になる場合には、他の構成要素と併せて吉凶を判断することが大事になります。 戊儀や己儀、壬儀などが旬首になる際には、活用の仕方で非常に大事な吉意を得ることなどもできます。 この甲尊が関わる重要な格局もあり、その背景にある六儀と併せて活用すると、より的確に吉意を得る事ができます。 奇門遁甲では、遁甲と呼ばれているくらい、この甲尊を上手く活用できるかどうか大事になります。


奇門遁甲の甲尊の図象

奇門遁甲の甲尊の図象


▼奇門遁甲の甲尊の象意
甲尊内容
甲尊立場と名声を得る 評価と出世の獲得 周囲や目上から評価され出世する 名声を得る