きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 立向盤局数表 > 立向盤局数の補足

■立向盤局数表 目次


■奇門遁甲立向年盤の補足事項

ここでの奇門遁甲立向年盤では、「1年1局法」を採用しています。 陰陽局は「陰局のみ」での考え方を採用しています。 「上元 甲子年」が「陰1局」となり、そこから1年ごとに逆行して局数が推移していきます。 「上元 乙丑年」が「陰9局」、「上元 丙寅年」が「陰8局」と推移して行くのが基本になります。


「三元(上元 中元 下元)」は180年となり、「上元 中元 下元」各60年の単位となります。 干支は60干支であり、「上元 中元 下元」は全て「甲子年」から始まることになります。 局数は「1局から9局」であり、陰局では逆行し「1局 9局 8局 ~ 1局」の順に推移します。 このため、「上元 甲子年」から180年後に「上元 甲子年 陰1局」に戻ることになります。 奇門遁甲の立向年盤では、この局数算出では例外などは特になく、延々と1年1局で逆行するというのが基本概念になります。


奇門遁甲立向年盤の補足事項

奇門遁甲立向年盤の補足事項


▼奇門遁甲立向年盤の補足事項
年盤注意事項
局数1年1局 陰局のみ
起点上元甲子年より陰1局
順序陰 1局 9局 8局 ~ 1局
補足1年1局 3元180年 9局各20回
補足特別な例外はない

■奇門遁甲立向月盤の補足事項

ここでの奇門遁甲立向月盤では、「10ヶ月1局法」を採用しています。 陰陽局は「陰局のみ」での考え方を採用しています。 10ヶ月1局になるため、90ヶ月で9局、180ヶ月で9局各2回というのが基本になります。 月盤では、「甲子 己卯 甲午 己酉年の丙寅月より陰1局」が始まり、180ヶ月毎に「上元 陰1局」が始まります。


月盤では、「三元(上元 中元 下元)」は180ヵ月となり、「上元 中元 下元」各60ヵ月の単位となります。 このため180ヶ月(15年 甲子 己卯 甲午 己酉年)毎に「上元 丙寅月」が巡り陰1局から始まります。 局数は「1局から9局」であり、陰局では逆行し「1局 9局 8局 ~ 1局」の順に推移するのは年盤の考え方と同じになります。 奇門遁甲の立向月盤では立向年盤と同じように、局数算出では例外などは特になく、延々と10ヶ月1局で逆行するというのが基本概念になります。


奇門遁甲立向月盤の補足事項

奇門遁甲立向月盤の補足事項


▼奇門遁甲立向月盤の補足事項
月盤注意事項
局数10ヶ月1局 陰局のみ
起点甲子 己卯 甲午 己酉年の丙寅月より陰1局
順序陰 1局 9局 8局 ~ 1局
節入立春 啓蟄 清明 立夏 芒種 小暑 立秋 白露 寒露 立冬 大雪 小寒
補足10ヵ月1局 3元180ヵ月 9局各2回
補足特別な例外はない

■奇門遁甲立向日盤の補足事項

ここでの奇門遁甲立向日盤では、「1日1局法」を採用しています。 陰陽局は「陽局 陰局」での考え方を採用しています。 1日1局になるため、9日で9局、180日で9局各20回というのが基本になります。 日盤では、冬至に一番近い甲子日より陽1局が始まり、夏至に一番近い甲子日より陰局が始まります。 局数は「1局から9局」であり、陽局では順行し「陽1局 2局 ~ 9局 1局」の順に推移します。 陰局では逆向しますが、「陰9局 8局 ~ 1局 9局」と推移し、起点になるのが「陰9局」になるのが、年盤や月盤と異なる部分になります。


日盤の考え方の基本は、60日を1元とし、3元180日というのが背景にあります。 また、冬至や夏至に一番近い甲子日を起点にし、起点日から次の起点日までが180日になる場合は、基本概念通りに局数が巡ります。 しかし、1年は365日~356日になり、この3元180日、陽局陰局360日の考えでは誤差が生じてくることになります。 誤差が生じてくる場合、冬至や夏至に一番近い甲子日の起点から、次の起点になる甲子日までが240日となる事があります。 この場合には閏が発生すると考え、最後の60日間が閏にあたると考慮します。


閏の60日間では、前半の30日間が前の陰陽局を引き継ぎ、後半の30日間が後ろの陰陽局を引き継ぐと考えます。 局数の推移も前半は前の局数の延長で考え、後半は後ろの局数に向かって推移していきます。 このため前半と後半の局数の切り替わりが、冬至付近では「陰7局~陽7局」になり、夏至付近では「陽3局~陰3局」となります。 (※立向盤と座山盤では局数の算出法が異なるため、切り替わる局数も異なる) この閏の時期は気が不安定になるため、使用しないというのが基本になります。


奇門遁甲立向日盤の補足事項

奇門遁甲立向日盤の補足事項


▼奇門遁甲立向日盤の補足事項
日盤注意事項
局数1日1局 陽局 陰局
起点冬至と夏至に一番近い甲子日(上元)
順序陽 1局~9局 陰 9局~1局
例外起点から起点が240日になる時
補足例外時 陰陽7局 陽陰3局 で切替る

■奇門遁甲立向時盤の補足事項

ここでの奇門遁甲立向時盤では、「10刻1局法」を採用しています。 陰陽局は「陽局 陰局」での考え方を採用しています。 10刻1局になるため、7.5日で9局、15日で9局各2回、30日で9局各4回というのが基本になります。 時盤では、陽局と陰局は、奇門遁甲独特の二十四節気が基準になり、冬至~芒種までの十二節気が陽局となり、夏至~大雪までの十二節気が陰局となります。 奇門遁甲二十四節気は、冬至の日に一番近い符頭日(日干支 甲子 己卯 甲午 己酉 の日)が基準となり、各節気15日間として順に巡ります。 そのため、奇門遁甲二十四節気の初日は必ず「甲日 己日」になり、時干支は「甲子の刻」から始まることになります。 この奇門遁甲二十四節気の初日の「甲日 己日の甲子時」から、その奇門遁甲二十四節気の基準となる局数が始まります。


立向時盤の局数の巡り方は、奇門遁甲二十四節気の最初の「甲日 己日 の甲子時」に割り当てられた局数を基準に陽局では巡行し、陰局では逆向します。 陽局順行は「1局~9局」の順であり、陰局逆行は「9局~1局」の順になります。 奇門遁甲二十四節気の初日の甲子時にあたる開始局数は、奇門遁甲二十四節気により変わります。 この詳細な局数の算出は、局数表から算出するのが分かりやすく、慣れると覚えられる内容でもあります。


立向時盤の考え方の基本は、60刻(5日間)を1元年、3元180刻(15日間)というのが背景にあります。 奇門遁甲二十四節気の各15日間は、この3元180刻(15日間)となります。 日盤と同じように、各節気15日間となるため、24節気で360日間となります。 24節気の最後にあたる、大雪後に次の冬至の符頭日が巡る際には閏が発生せずにそのまま陽局に変わることになります。 大雪後に次の冬至の符頭日が巡らず、15日間の誤差が生じてくる場合、「閏大雪」が発生し、通常の大雪と同じ局数を繰り返します。 この閏の期間は気が不安定になるため、奇門遁甲立向時盤は活用しないというのが基本になります。


奇門遁甲立向時盤の補足事項

奇門遁甲立向時盤の補足事項


▼奇門遁甲立向時盤の補足事項
時盤注意事項
局数10刻1局 陽局 陰局
起点奇門遁甲24節気初日(甲 己)の甲子時
順序奇門遁甲24節気に合わせて推移 ※特殊
例外大雪 芒種で閏が発生する場合
補足標準時と自然時間に注意