きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 奇門遁甲解説 > 奇門遁甲の活用法

■奇門遁甲解説 目次


■奇門遁甲の活用法

奇門遁甲は、地式と呼ばれるように、土地の気の吉凶を判断する際に活用される占術になります。 方位の吉凶を判断する際にも活用しますが、その土地の気との関連性を考慮するのが基本になります。 奇門遁甲で吉方位となる土地の気を得る事で、その吉意を発揮できるというのが前提になります。 ただ、吉方位に行けば良いというだけではなく、この土地の気を得るというのが重要な点になるのが特徴です。


ここでの奇門遁甲には、「年盤 月盤 日盤 時盤」の4種の盤と、それぞれの「立向盤 座山盤」の計8種類の遁甲盤が存在します。 それぞれの遁甲盤を、その用途に合わせて活用していくことで、その効果を最大限に活用することができます。 逆に、用途に合わない盤を活用しても効果を得ることができず、他の盤の要素が影響してしまうこともあるので注意が必要になります。 奇門遁甲の流派により、作盤法や考え方が変わることもあるため、その流派の特徴を正確に把握しておくことも重要になります。


奇門遁甲は、それぞれの盤で応期や持続時間が異なるのも特徴になります。 奇門遁甲で得た吉意も凶意も、永続するわけではなく、その盤に合わせての効果時間が存在します。 基本は「年盤 > 月盤 > 日盤 > 時盤」の順で効果時間が長くなります。 吉意も凶意も、移動中や気を取り入れた瞬間から効力が発揮されることもありますが、少し間をおいてから効果が出てくることもあります。 凶方位の場合には、移動中や土地の気が動き始めてすぐに凶意が現れ、事件事故などの災難に見舞われるという事もあるので注意が必要です。


奇門遁甲の方位の吉凶で大事な点になるのは、各方位やその土地から得た気は、相殺されることはなく、両方が同時に現れることになります。 吉方位の吉意を合せて得る事ができれば、両方の吉意を得ることができます。 逆に、凶方位を凶意を併せて得てしまうと、両方の凶意が表れてしまうことになります。 吉方位の吉意と、凶方位の凶意を併せて得てしまうと、吉凶両方が表れてくることになります。


凶方位に行く必要が出てしまう場合には、その土地の気を得ないように気を付け、滞在時間を調整するようにします。 場合によっては、行く前に方位を調整し(方位替え)、凶方位にならないようにすることも大事になります。


奇門遁甲の活用法
奇門遁甲の活用法
奇門遁甲と年月日時盤
奇門遁甲と年月日時盤
▼奇門遁甲 年月日時盤とは
立向盤の使用法座山盤の使用法
年盤不動産の購入高層住宅の建設 ※あまり使わない
月盤引っ越し (日盤と合わせて検討)戸建ての建て替え 住居の建設
日盤開運旅行(宿泊) 引っ越し日をまたぐ改装や造園作業 ※造作法
時盤開運旅行(日帰り) 普段の行動日をまたがない改装や造園作業 ※造作法

■奇門遁甲年盤の活用法

奇門遁甲の年盤は、効果が60年続くとされるため、活用する際には非常に慎重に方位や土地の気を選定する必要があります。 年盤は1年に1盤となり、立向盤と座山盤の計2盤のみになるため、奇門遁甲の年盤を活用する際には、年単位で計画を進めておく必要があります。 年の基準になるのは、立春から節分までの一年間になります。 奇門遁甲の年盤で大吉方位が巡ることも稀なため、吉方位が巡る年を事前に把握し、その年に向けて計画を進めることになります。 事前の準備が非常に手間がかかりますが、その効果が60年続くとなると、大吉方位での活用などは非常に効果的な手法になります。


奇門遁甲は土地の気の吉凶を判断するというのが基本になり、年盤では不動産(土地)の購入の際に活用することになります。 不動産の購入などでも、高層住宅の高層階の住宅などの購入では、土地の気が得られないこともありますが吉凶の基準として、奇門遁甲の年盤を活用することはできます。 古代からの奇門遁甲の概念では、土地の気の吉凶を判断するというのが基本であるため、土地の購入をする際に活用するとしておけば判断がしやすくなります。 奇門遁甲の立向盤では、まさに不動産における土地の購入の際にこの年盤を活用します。


奇門遁甲の座山盤では、所有している土地に巨大建築物を建設する際にこの年盤を活用します。 昔で言うところの、城や宮殿の建設をする際に、資材や人材の搬入口をどの方位にするのかという具合の判断になります。 現代では、この奇門遁甲年盤の座山盤は、ほぼ使用することが無く、活用できないのが現状でもあります。


立向年盤の活用法
立向年盤の活用法
座山年盤の活用法
座山年盤の活用法
▼奇門遁甲 年盤の活用法
使用法
立向盤不動産の購入 主に土地の購入の際 高層住宅の高層階では参考に
座山盤巨大建造物の建設 年を越える建設現場 墓地の建設など ※あまり使わない

■奇門遁甲 月盤の活用法

奇門遁甲の月盤は、効果が60ヶ月(5年間)続くため、活用する際には慎重に方位や土地の気を選定する必要があります。 月盤は1ヵ月に1盤であり、立向盤と座山盤の計2番になります。 1ヵ月の基準は節月になるのが特徴であるため、暦なども考慮して月盤を活用していくことが必要です。 年盤ほどではありませんが、この月盤の大吉方位が巡るのも稀になるため、数ヶ月~年単位での計画を進めていく必要があります。 効果は5年と比較的長い期間になるため、勝負を掛ける際にはこの月盤の吉意は非常に心強い味方となります。


奇門遁甲の立向盤における月盤では、主に引っ越しをする際に活用します。 不動産購入時の引っ越しでも、賃貸での引っ越しでも考慮することが大事になる要素になります。 滞在期間が1ヵ月を越えるような、長期の旅行や出張などの際にもこの月盤が重要になります。 月盤を活用する際には、日盤なども併せて移動することにより、より効果的な流れを作り出すことができます。


奇門遁甲の座山盤における月盤では、主に家屋や墓地などの建て替えをする際に活用します。 1ヵ月を越えるような作業をする際に、座山盤の月盤を考慮して作業を始めます。 土地を触るような事に関して、奇門遁甲の方位の吉凶は強く表れてくるため、家屋や墓地の建設や改築などの際には慎重に判断する必要があります。 立向盤の月盤と同じように、座山盤の日盤と併せて土地の気を動かすことにより、より効果的な流れを作り出すことができます。


立向月盤の活用法
立向月盤の活用法
座山月盤の活用法
座山月盤の活用法
▼奇門遁甲 月盤の活用法
使用法
立向盤1ヵ月以上滞在する旅行や出張 引っ越し(不動産の購入時でも賃貸でも)
座山盤1ヵ月以上土地を動かす場合 家屋や墓地の建設や改築をする際

■奇門遁甲 日盤の活用法

奇門遁甲の日盤は、効果が60日(約2ヵ月)続くため、一時的に運勢の上昇を求める際に活用します。 日盤は1日に1盤であり、立向盤と座山盤の計2盤になります。 1日の基準は0時~24時になりますが、作盤法や自然時などの考慮により、日付が変わる時間帯である子の刻での使用は避ける必要もあります。 日盤の大吉方位は数ヶ月に1度巡り、1年の間に数回の大吉方位が訪れます。 この日盤の大吉方位を定期的に取り入れることで、一時的な運勢の上昇を半永続的に持続させることができます。 効果は60日間と、それほど長くはありませんが、何か勝負を掛ける際や、運気の基盤を上昇させるという意味では活用しやすいのがこの日盤になります。


奇門遁甲の立向盤における日盤では、主に開運旅行をする際に活用します。 引っ越しをする際などの、移動する吉日の基準を判断する際にも活用できます。 日をまたぐような出張などにも活用することができ、奇門遁甲を一番活用しやすいのがこの日盤になります。 24時間以上の滞在が基本になるので、旅行計画などを奇門遁甲の日盤で企画すると実利をともなる非常に有効的な旅行になります。 24時間滞在以上、1カ月滞在未満の旅行に活用できるため、1泊2日でも2泊3日でもこの奇門遁甲立向盤の日盤を活用することができます。


奇門遁甲の座山盤における日盤では、主に簡単な家屋の改築や造園作業をする際に活用します。 住んでいる土地の中心からの各方位から巡る気の吉凶を判断し、吉方位になる土地を動かすことで吉意を得るという流れになります。 改築や造園作業をする際に、その方位を判断し、吉方位となる日に作業を始めることになります。 1日以上の作業になり、1ヵ月以内に終わる作業をする際に考慮するのが座山盤の日盤になります。 他にも古代の遁甲の奥義である造作法や呪術で、土地の気を動かし吉意を得るという手法なども存在します。


立向日盤の活用法
立向日盤の活用法
座山日盤の活用法
座山日盤の活用法
▼奇門遁甲 日盤の活用法
使用法
立向盤24時間~1ヵ月未満の旅行や出張をする際 引っ越しや開運旅行
座山盤24時間~1ヵ月未満の家屋や墓地の改築や造園作業 奇門遁甲造作法

■奇門遁甲 時盤の活用法

奇門遁甲の時盤は、効果が60刻(5日間)と短く、一時的な運勢の上昇を求める際に活用します。 地盤は1刻(2時間)に1盤であり、立向盤と座山盤の計2盤になります。 時刻の基準は12刻(子23時~ 丑1時~ 午11時~ 亥21時~)での時刻になり、自然時間を考慮するため、刻の変わり目での使用は避ける必要があります。 方位や時刻の変わり目は、気が混沌とするため、使用する際には十分な考慮が必要となります。 迷い際には使用しないというのが鉄則になります。


中国では時盤のみの奇門遁甲の流派があるように、この時盤による奇門遁甲は重要視される流派も多くなります。 古代の戦争では、刻々と変わる情勢に合せ、この奇門遁甲の時盤を活用して軍隊を移動していたと考えると分かりやすくなります。 効果が5日間と、短いものになりますが、普段の生活との併用により、この効果が得られるというのは手堅いものがあります。 目的に合わせて、この時盤による大吉方位を得て最大限に活用するという手法が適切な活用法になります。


奇門遁甲の立向盤における時盤では、主に日帰りでの開運旅行をする際や、普段の買い物や散歩をする際に活用します。 滞在時間が2時間以上となる移動をする際に、この奇門遁甲の時盤が重要になります。 普段の通勤や通学の際にも活用はできますが、移動時間が2時間以上というのが大事な点にもなります。 移動時間が2時間に満たない場合でも、吉意や凶意は貯蓄されるとされるのが特徴ですが、立向盤では持続時間が短く影響力も小さいとされます。


奇門遁甲の座山盤における時盤では、主に簡単な家屋の改築や造園作業をする際に活用します。 2時間以上24時間を超えない範囲での、改築や造園作業などをする際に考慮することが大事になります。 基準となる土地の中心からの方位を算出し、その吉方位の土地の気を動かすことで、その吉意を得るというのが奇門遁甲座山盤の時盤の活用法になります。 また、古代より遁甲が呪術的な要素を持つとされ、その影響を表すのがこの座山盤の時盤でもあります。 奇門遁甲の一部の流派では、この座山盤の時盤を活用し造作法などで吉意(凶意)を得て一時的な大開運をするという手法が伝えられています。


立向時盤の活用法
立向時盤の活用法
座山時盤の活用法
座山時盤の活用法
▼奇門遁甲 時盤の活用法
使用法
立向盤2時間~24時間以内の旅行や出張 普段の散歩や運動 異動する際の基準
座山盤2時間~24時間以内の家屋の改築や造園作業 奇門遁甲造作法