きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 奇門遁甲解説 > 奇門遁甲の基本用語

■奇門遁甲解説 目次


■奇門遁甲の基本用語

ここでは、奇門遁甲の基本となる基本用語を解説しています。 奇門遁甲は古代中国を起源とするため、用語の全ては漢字になります。 物によっては、現代の一般的な漢字に存在しないものもあり、独特な呼び方も多くなります。 日本語で読むにも限界があり、用語によっては中国語に近い読み方が必要になる物もあります。 普段目にしない感じが多く使用され、どう読んで良いのか分からない単語も多くなります。


また、その単語なども流派や遁甲家によって読み方や発音なども異なるため、理解に悩むこともあります。 日本でも東と西では、同じ奇門遁甲の用語でも発音の仕方などが変わります。 古代中国を起源とする占術では、これらの事が良くあり、読み方や韻の踏む方など、占術家や地域により変わることが多々あります。 韻に関しては、地域によるため、文章で解説をするのが難しくなります。 読み方に関しても、遁甲家や流派により変わり、現代では辞書の変換による違いもあるため、用語によっては読み方が変わってしまうこともあります。


相手と読み方や韻が違ったとしても、気にすることなく進めていくことや、良いと思える韻や読み方を採用すれば問題ないでしょう。 読み方や韻が違っても、内容自体は同じものになりますし、遁甲家あるある話でもあるので、気にせず話を進めてください。 読み方や韻にこだわるような視野の狭い解釈をする遁甲家に対しては、逆に気を付けた方が良いでしょう。


奇門遁甲の基本用語
奇門遁甲の基本用語
基本用語と基本知識
基本用語と基本知識
▼奇門遁甲の基本用語~歴史編
用語読み簡単な内容
奇門遁甲きもんとんこう現代での呼称
八門遁甲はちもんとんこう中代中国での呼称
遁甲とんこう古代中国での呼称
太乙神数たいいつしんすう天式 天の盛衰 国家の盛衰 時運の流れ
奇門遁甲きもんとんこう地式 地の盛衰 土地の盛衰 地運の流れ
六壬神課りくじんしんか人式 人の盛衰 人民の盛衰 心情の流れ
天式てんしき太乙神数
地式ちしき奇門遁甲
人式じんしき六壬神課
武経七書ぶけいしちしょ古代中国の兵法の代表となる七つの書
孫子そんし著者 孫武 戦略的思想の基盤などを説いた
呉子ごし著者 不明 部隊編制法などを説いた
尉繚子うつりょうし著者 尉繚 政治の重要性などを説いた
六韜りくとう著者 黄石公 政治的戦略の重要性などを説いた
三略さんりゃく著者 太公望 黄石公 人材と政治の重要性などを説いた
司馬法しばほう著者 司馬穰苴 戦争における儀礼などを説いた
李衛公問対りえいこうもんたい著者 不明 古代の名将による兵法のまとめ
黄帝こうてい姓は姫姓 氏は軒轅氏 東洋医学の祖
蚩尤しゆう古代中国の伝説上の神様
伏羲ふくぎ ふっき伝説上の為政者 八卦その他の考案者
神農しんのう神農大帝 医薬と農業の神
女媧じょか人類を創造したとされる女神
燧人すいじん伝説上の神
祝融しゅくゆう伝説上の神
風后ふうこう黄帝の臣 (軍師) 握奇陣を伝える
呂尚りょしょう周の時代の軍師 太公望(たいこうぼう)
張良ちょうりょう前漢の時代の劉邦(りゅうほう)の軍師
諸葛亮しょかつりょう三国時代の蜀漢の軍師
趙晋ちょうしん煙波釣叟歌の著者 紀元後900年代
劉基りゅうき劉伯温 朱元璋の軍師 明の建国の功労者 紀元後1350年前後
程道生ていどうせい遁甲演義の著者 紀元後1600年前後
甘霖かんりん甘氏奇門一得の著者 紀元後1600年前後
戦国時代せんごくじだい紀元前5世紀から3世紀ごろ ※諸説あり
三国時代さんごくじだい紀元後184から280年 三国志の時代 ※諸説あり
握奇陣あっきじん黄帝が風后につたえる
煙波釣叟歌えんぱちょうそうか奇門遁甲最古の文献 紀元後900年代
遁甲演義とんこうえんぎ程道生著の奇門遁甲文献 紀元後1600年前後
甘氏奇門一得かんしきもんいっとく甘霖著の奇門遁甲文献 紀元後1600年前後
用語読み簡単な内容

奇門遁甲の歴史
奇門遁甲の歴史
歴史上の名軍師達
歴史上の名軍師達
▼奇門遁甲の基本用語~基本思想編
用語読み簡単な内容
陰陽思想いんようしそう全ての物事は陰と陽から成るとする思想
五行思想ごぎょうしそう全ての物は五行から成るとする思想
陰陽五行思想いんようごぎょうしそう全てのものは陰陽と五行から成るとする思想
五行ごぎょう木行 火行 土行 金行 水行
木行もくぎょう木の要素 甲と乙
火行かぎょう火の要素 丙と丁
土行どぎょう土の要素 戊と己
金行きんぎょう金の要素 庚と辛
水行すいぎょう水の要素 壬と癸
相生そうせい五行が相手の気を生じる関係
相剋そうこく五行が相手の気を剋する関係
八卦はっけ はっか乾 兌 離 震 巽 坎 艮 坤 の八卦
けん象意:天 先天数:一 後天数:六 定位:六宮 方位:北西
象意:沢 先天数:二 後天数:七 定位:七宮 方位:西
象意:火 先天数:三 後天数:九 定位:九宮 方位:南
しん象意:雷 先天数:四 後天数:三 定位:三宮 方位:東
そん象意:風 先天数:六 後天数:四 定位:四宮 方位:南東
かん象意:水 先天数:七 後天数:一 定位:一宮 方位:北
ごん象意:山 先天数:八 後天数:八 定位:八宮 方位:北東
こん象意:地 先天数:九 後天数:二 定位:二宮 方位:南西
河図かと伝説では伏羲が考案した 先天図
洛書らくしょ伝説では夏王朝の祖となる禹が考案 後天図
十干じっかん甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸
十二支じゅうにし子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥
六十干支ろくじゅうかんし十干十二支の組合せの60組 甲子から癸亥
用語読み簡単な内容

中国占術の基本思想
中国占術の基本思想
陰陽思想と五行思想
陰陽思想と五行思想
▼奇門遁甲の基本用語~奇門遁甲基本編
用語読み簡単な内容
八方位はちほうい はっぽうい各45度ずつの等分の8方位
磁北じほく磁針が指す北 真北とは異なる
自然時しぜんじその地の太陽の位置で決まる時間 経度1度毎に4分
三元さんげん上元 中元 下元 各60干支の単位
陽局ようきょく冬至から芒種まで 日が出ている時間が長くなる期間
陰局いんきょく冬至から大雪まで 日が出ている時間が短くなる期間
二十四節気にじゅうよんせっき太陽黄経を15度ずつ区切る期間
奇門遁甲24節気きもんとんこう~符頭日より15日1節気とする奇門遁甲独特の節気
符頭符頭冬至や夏至に近い「甲子 己卯 甲午 己酉」の日
夏至げし太陽黄経90度になる日(日が出ている時間が一番長い)
冬至とうじ太陽黄経270度になる日(日が出ている時間が一番短い)
春分りっしゅん太陽黄経0度になる日(昼夜の長さが同じ)
秋分しゅうぶん太陽黄経180度になる日(昼夜の長さが同じ)
超神ちょうしん奇門遁甲24節気が実24節気より先行する場合
節気せっき奇門遁甲24節気が実24節気に後続する場合
遁甲盤とんこうばん奇門遁甲 地式を表す盤
方位盤ほういばん遁甲盤の八方位の各宮の構成
立向盤りっこうばん土地に巡る気を読む盤
座山盤ざざんばん土地に訪れる気を読む盤
作盤さくばん遁甲盤を作成する
年盤ねんばん年を基準とした奇門遁甲盤
月盤げつばん月を基準とした奇門遁甲盤
日盤にちばん日を基準とした奇門遁甲盤
時盤じばん時を基準とした奇門遁甲盤
甲尊こうそん旬首六儀 10干支の代表
三奇さんき乙奇 丙奇 丁奇
六儀りくぎ戊儀 己儀 庚儀 辛儀 壬儀 癸儀
旬首じゅんしゅ しゅんしゅ連続する10干支の代表
直使ちょくし八門の代表
大直符だいちょくふ天蓬九星の代表 (直符)
直符ちょくふ八神の代表 直符
時の干ときのかん年盤は年干 月盤は月干 日盤は日干 時盤は時干
卦位かい乾 兌 離 震 巽 坎 艮 坤の定位(後天)
定位じょうい ていい基本の配置となる場所(宮)
伏吟ふくぎん同じ要素(定位)が同宮する
反吟はんぎん定位が反対となる要素が同宮する
格局かくきょく方位盤を構成する要素の特定の組合せ
吉格局きちかくきょく構成する要素の良い組み合わせ
凶格局きょうかくきょく構成する要素の悪い組み合わせ
活用法かつようほう奇門遁甲を有効的に使用する方法
造作法ぞうさくほう土地などを動かして気を発動させる方法
用語読み簡単な内容

奇門遁甲の基本用語
奇門遁甲の基本用語
奇門遁甲の基本概念
奇門遁甲の基本概念
▼奇門遁甲の基本用語~基本要素編
用語読み簡単な内容
天盤干てんばんかん甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸
地盤干ちばんかん甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸
きのえ こう立場と名声を得る 評価と出世の獲得
きのと おつ安定と安心を得る 婚姻や男女の和合
ひのえ へい財産と繁栄を得る 財産や物質面の上昇
ひのと てい知恵と知識を得る 知力や応用力の上昇
つちのえ ぼ信用と信頼を得る 立場と評価の上昇
つちのと き感情と人気を得る 期待と人気の獲得
かのえ こう問題と障害の発生 波乱と混乱の到来
かのと しん勉学や修道の過程 私利私欲から離れる
みずのえ じん勝負と競争と発生 勝負力と闘争心の上昇
みずのと き悩みと逃避の発生 不安と不安の到来
八門はちもん休 生 傷 杜 景 死 驚 開
休門きゅうもん貴人と面会 平和な時間が訪れる
生門せいもん出産と妊娠 何かが生まれる
傷門しょうもん事件や事故 自他共に傷つく
杜門ともん埋葬や葬儀 物事を隠す
景門けいもん執筆や芸術 賑やかで発展する
死門しもん終局や終了 物事の進行が停止する
驚門きょうもん思いもしない出来事が訪れる
開門かいもん発展や開運 道が開かれる
天蓬九星てんほうきゅうせい蓬 芮 冲 輔 禽 心 柱 任 英
天蓬星てんほうせい予期せぬ問題の到来
天芮星てんだいせい立場が不安定になる
天冲星てんちゅうせい勢い良く前進できる
天輔星てんほせい周囲と喜びを分かち合う
天禽星てんきんせい少ない労力で大利を得る
天心星てんしんせい精神的な関係性の向上
天柱星てんちゅうせい重要な拠点や大事なものを守れる
天任星てんにんせい目上から評価されて信頼を得る
天英星てんえいせい表面ばかりの関係に陥る
八神はちしん符 蛇 陰 合 陳 雀 地 天
直符ちょくふ気品があり社会的な立場の高い人の意
騰蛇とうだ虚言癖があり詐欺や悪事に加担する人の意
太陰たいいん正直で慈愛に満ちた清く優しい人の意
六合りくごう温厚で博愛精神を持つ善良な人の意
勾陳こうちん何事にも過剰で無鉄砲な人の意
朱雀すざく聡明だが悪事に加担し名声と富を求める人の意
九地きゅうち温厚で優雅な振る舞いをする従順な人の意
九天きゅうてん謙虚で私欲がなく公平で堂々とした人の意
白虎びゃっこ安定していたものが突然傾く
玄武げんぶ気や物が失われていく
九宮きゅうぐう一 二 三 四 五 六 七 八 九
一白いっぱく安定した状況や冷静沈着での成功の意
二黒じこく堅実で真面目、平和や安定の意
三碧さんぺき活動的で動きのある状況や、積極的な変化の意
四緑しりょく状況に合わせ、無難で柔軟に対応する意
五黄ごおう問題や障害、事故などの不運の意
六白ろっぱく内面の充実と外面の発展、成功に踏み込む勇気の意
七赤しちせき快楽的で楽しい状況の意
八白はっぱく努力や忍耐が報われ真面目さが評価される意
九紫きゅうし積極的な活動での成功や挑戦する勇気の意
用語読み簡単な内容

奇門遁甲の基本要素
奇門遁甲の基本要
基本要素と象意
基本要素と象意