きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 奇門遁甲解説 > 奇門遁甲二十四節気

■奇門遁甲解説 目次


■暦上の二十四節気について

現代では、太陽黄経は正確に測定できるようになり、二十四節気も正確な日時を特定できるようになっています。 古代の狩猟民族時代から農耕民族時代への変化に伴い、季節や天候の重要性が増していくことになります。 その際に次第に暦が体系化され、日の一番長い夏至や、日の一番短い冬至、日の長さが同じになる春分や秋分などが生まれて行きます。 更にそれを季節の入や推移などに合せ、二十四節気が生まれて行きます。 干支暦などと共に発展し、現代のような暦が生まれて行きます。


暦の基本は、太陽黄経が0度から360度まで巡るのが1年であり、太陽黄経が0度から15度ずつ動いた日が二十四節気の入り日になります。 古代では、この360度を360日とし、15日ずつ24節気を経て1年としていました。 そのため、今の1年とは誤差が生じてくるため、数年に1度「閏」という時期が生まれ、調整していくことになります。


暦上の二十四節気
暦上の二十四節気
二十四節気と農耕暦
奇門遁甲の二十四節気
▼二十四節気の説明
節気太陽黄経時期季節節月
立春31502月04日前後一月節入
雨水33002月18日前後一月節中
啓蟄34503月05日前後二月節入
春分003月20日前後二月節中
清明1504月04日前後三月節入
穀雨3004月20日前後三月節中
立夏4505月05日前後四月節入
小満6005月21日前後四月節中
芒種7506月05日前後五月節入
夏至9006月21日前後五月節中
小暑10507月07日前後六月節入
大暑12007月22日前後六月節中
立秋13508月07日前後七月節入
処暑15008月23日前後七月節中
白露16509月07日前後八月節入
秋分18009月23日前後八月節中
寒露19510月08日前後九月節入
霜降21010月23日前後九月節中
立冬22511月07日前後十月節入
小雪24011月22日前後十月節中
大雪25512月07日前後十一月節入
冬至27012月21日前後十一月節中
小寒28501月05日前後十二月節入
大寒30010月20日前後十二月節中

■奇門遁甲の二十四節気

奇門遁甲の二十四節気は、現代の正確な二十四節気とは異なり、各節気15日間の計360日になる古代特有の二十四節気の概念になります。 実際の冬至に一番近い符頭日より、奇門遁甲二十四節気の冬至が始まります。 符頭とは、当時に一番近い日干支が「甲子 己卯 甲午 己酉」になる日になります。 この冬至前後の符頭日より冬至が始まり、15日毎に24節気が巡ることで、360日での1年を考慮するのが奇門遁甲24節気の考え方になります。


実際の1年は365日+であり、奇門遁甲24節気の概念では、誤差が5日ほど生じることになります。 このため、数年に一度、閏が発生することになり、24節気の最後の大雪で調整することになります。 閏が発生する場合には、「閏大雪」とし、大雪と同じ扱いを繰り返すことになります。 この閏の期間は、気が不安定になるため、奇門遁甲24節気を考慮する盤では、使用しないのが基本になります。


奇門遁甲24節気では、1節気15日間となり、5日毎(60刻毎)に「上元 中元 下元」とします。 1元は60が単位になり、年では1元60年3元180年となり、月では1元60ヶ月(5年)3元180ヶ月(15年)となります。 日では、1元60日3元180日となり、時では1元60刻(5日)3元180刻(15日)となります。 この「上元 中元 下元」の三元の考え方は、暦を考慮する古代中国占術の大事な要素ともなります。 特に奇門遁甲の日盤や地盤を活用する際には、この奇門遁甲二十四節気と、実際の二十四節気は把握しておくことが大事になります。


奇門遁甲の二十四節気
奇門遁甲の二十四節気
奇門遁甲と干支暦
奇門遁甲と干支暦
▼奇門遁甲二十四節気
考慮内容
基準実冬至に一番近い符頭日より冬至
符頭日干支「甲子 己卯 甲午 己酉」の日
期間15日間 1元5日3元15日 24節気360日
誤差閏大雪15日間で調整する