きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 奇門遁甲解説 > 時間と方位と定位

■奇門遁甲解説 目次


■奇門遁甲の時間の概念について

中国の占術に限らず、占いで時間を考慮する際には、自然時間で考慮していくことが必要になります。 自然時間とはその場所を基準にして、その場所から見た太陽の位置で計算した時間になります。 日本の標準時は、兵庫県明石市(東経135度)の自然時を基準にしています。 そのため、経度が1度離れる毎に4分の修正が必要になるのが自然時になります。


兵庫県明石市よりも東においては、経度1度ごとに4分加算する必要があり、兵庫県明石市よりも西においては、経度1度ごとに4分減算する必要があります。 例えば、東京都庁の経度139.69は、日本標準時の起点東経135度より、東に4.69度離れています。 1度離れる毎に4分の時差が生じるため、「4.69 x 4」で18.76分の時差が生じます。 東京の自然時が「+18分~+19分」とされるのはこのためであり、西東京では概ね18分台であり、東東京では概ね19分台となります。 東京都千代田区が東経139.75となり、時差19分目安になります。


鹿児島市役所の経度は130.55となり、日本標準時の起点統計135度より、西に4.45度離れています。 1度離れる毎に4分の時差が生じるため、「4.45 x 4」で17.8分の時差が生じます。 兵庫県明石市より西では日本標準時から減算し、時差-18分(四捨五入)といった計算になります。


世界の標準になる時間は、経度0度にあるグリニッジ天文台を基準にしたグリニッジ標準時になります。 そこから360度を24時間とし、東経180度を12時間後、西経180度を12時間前として計算していきます。 このため、「1度=4分」「15度=1時間」となり、東経135度は、グリニッジ標準時では+9時間となります。


奇門遁甲では、この自然時での判断が必要になるため、起点となる土地の自然時を把握しておくことが非常に大事になります。 特に時盤を活用する際には、この自然時が見落とせない重要な要素になります。 また、奇門遁甲での時刻は十二支による時刻になり、一刻二時間になります。 この時刻の切り替わるあたりは、自然時などの概念もあり、気が混沌とするため、使用は避けるというのが基本になります。


奇門遁甲の時間の概念

奇門遁甲の時間の概念


▼標準時と自然時の時差
北海道
根室市 +42分
釧路市 +37分
旭川市 +29分
稚内市 +27分
札幌市 +25分
函館市 +23分

東北
青森県 青森市 +23分
岩手県 盛岡市 +25分
宮城県 仙台市 +23分
秋田県 秋田市 +20分
山形県 山形市 +21分
福島県 福島市 +22分

関東
茨城県 水戸市 +22分
栃木県 宇都宮市 +20分
群馬県 前橋市 +16分
埼玉県 さいたま市 +19分
千葉県 千葉市 +20分
東京都 新宿区 +19分
神奈川県 横浜市 +19分

北陸
新潟県 新潟市 +16分
富山県 富山市 +9分
石川県 金沢市 +7分
福井県 福井市 +5分

中部 東海
山梨県 甲府市 +14分
長野県 長野市 +13分
岐阜県 岐阜市 +7分
静岡県 静岡市 +14分
愛知県 名古屋市 +8分

近畿
三重県 津市 +6分
滋賀県 大津市 +3分
京都府 京都市 +3分
大阪府 大阪市 +2分
兵庫県 神戸市 +1分
奈良県 奈良市 +3分
和歌山県 和歌山市 +1分

中国
鳥取県 鳥取市 -3分
島根県 松江市 -8分
岡山県 岡山市 -4分
広島県 広島市 -10分
山口県 山口市 -14分

四国
徳島県 徳島市 -2分
香川県 高松市 -4分
愛媛県 松山市 -9分
高知県 高知市 -7分

九州
福岡県 福岡市 -18分
佐賀県 佐賀市 -19分
長崎県 長崎市 -20分
熊本県 熊本市 -17分
大分県 大分市 -14分
宮崎県 宮崎市 -14分
鹿児島県 鹿児島市 -18分
鹿児島県 奄美市 -22分

沖縄
沖縄県 那覇市 -29分
沖縄県 宮古島市 -39分
沖縄県 石垣市 -43分
沖縄県 与那国町 -48分

■奇門遁甲の年月日の概念について

奇門遁甲での時間の概念は自然時であると説明してきましたが、ここでは年月日の概念について解説していきます。 中国占術では、年の始まりは概ね節分~立春が境になります。 今の暦で言うところの、大晦日が節分になり、立春が元旦になるという感じになります。 立春は、太陽黄経が315度になる日となり、概ね2月4日前後になります。 一年はこの日を起点に変わるため、通常使用している暦とは違うために注意が必要になります。 特に年盤を考慮する際には、この年の変わり目を把握しておかないと大変なことになります。


同じく、中国占術での月の概念は節月となる事が非常に多くなります。 節月とは、節入り日から、次の節入り日の前日までの期間を一月とします。 節入り日とは、太陽黄経が15度(清明)から30度ずつ進む日にあたります。 立春から始まる二十四節気の奇数になる節気が節入り日となります。 西洋占星術などの星座の概念は、二十四節気の中気を起点にしているため、二十四節気の偶数になる節気で星座が変わることになります。


日の概念は流派により変わるため、考え方には注意が必要になります。 この場では、実際の日の切り替わりとなる0時-24時で日が変わるとして作成しています。 流派により、子の刻にあたる23時を日の切り替えとするものもあります。 0時(24時)で日付が変わると、その日に子の刻が2つ存在し、初めの子の刻と後の子の刻に別れることになります。 構成上(流派上)は、0時(24時)での日付の変更を採用していますが、流派で異なるこの時間帯23時~24時(0時)は気が混沌とするため、使用には適さないとするのが基本になります。 四柱推命などでも、この時間帯に生まれた人の気は混沌とすることが多く、二面性を持つことや安定しない意を含むことが多くなります。


このように、奇門遁甲を考慮する際には、普段使用する年月日時の概念だけではなく、「立春 節月 23時~0時 自然時」などの要素を考慮して考える必要があります。 この場で考慮している「年盤 月盤 日盤 時盤」の奇門遁甲では、この概念が非常に重要になるため、作盤時や使用時には、時間と盤とを慎重に考慮するようにしてください。


奇門遁甲の年月日の概念

奇門遁甲の年月日の概念


▼奇門遁甲の年月日時の概念
年月日時切替り
立春(太陽黄経315度)になる日を基準に年が変わる
節入り日(二十四節気の奇数)になる日を基準に月が替わる
0時(24時)を基準に日が変わる 自然時を考慮する
十二支による一刻(2時間)で時間が変わる 自然時を考慮する

■奇門遁甲の方位の概念について

奇門遁甲の方位の基準となるのは「磁北を0度」とするところになります。 流派により、真北や北極星を起点にするなど、色々とありますが、この場(流派)では「磁北を0度」とする前提で話を進めて行きます。 古代の奇門遁甲では、磁北が0度というような詳細な考え方ではなく、太陽が高くなる方が南であり、その反対が北になるという感覚になります。


奇門遁甲の起源とされる伝説上の黄帝は、蚩尤との戦いの際に指南車と奇門遁甲を使用して勝利したとされています。 これ以外でも中国の占術や暦法などは太陽の運行と共に研究したものが多く、太陽が高く昇る方位である南を起点にしているものが多くなります。 そのため、奇門遁甲の遁甲盤では、上が南になり下が北になります。左が東になり、道が西になります。 中国の占術では、この上が南になる方位が基本になり、どの占術でも同じように解釈していくことになります。


この上が南になる方位の概念は、普段使用している地図と正反対になるため、慣れるまでは注意が必要になります。 方位を間違えて奇門遁甲を使用すると大変なことになるため、慣れるまでは慎重に考慮していきましょう。 基本的な考え方は、地図とは「正反対 180度逆転」という感じで考えるようにしてください。


奇門遁甲の遁甲盤では、基本となる盤は「洛書 九数図」になり、中宮は起点となる土地になり、その他八方位は360度を8等分した各45度になります。 十二支の方位ではなく、「洛書 九数図」の方位になるため、八方位各45度が基準になります。 上が南(180度)であり、左右22.5度(計45度)157.5度~202.5度の範囲になります。 下が北(0度)であり、左右22.5度(計45度)337.5度~22.5度の範囲になります。


時間の概念でも解説したように、年月日時などの「時間」の切り替わりにあたる時間帯は気が混沌とするため使用には注意が必要になるのと同様に、方位の境目も注意が必要になります。 奇門遁甲では、方位の境目の気はやはり混沌とし、両方の方位の気を持つことになるとされます。 そのため、方位の境目は使用せず、中心よりの方位を使用するのが大事になります。 また、使用する方位の中心に近いほど、その地の気を得やすいというのが奇門遁甲の方位の概念で大事なことになります。


奇門遁甲の方位の概念

奇門遁甲の方位の概念


洛書 九数図
135

南東
木行
180


火行
225

南西
土行
90


木行
--

中央
土行
270

西
金行
45

北東
土行
0


水行
315

北西
金行
奇門遁甲の方位
方位度数(磁北基準)
0度 337.5~22.5度
北東 45度 22.5~67.5度
90度 67.5~112.5度
南東135度 112.5~157.5度
180度 157.5~202.5度
南西225度 202.5~247.5度
西 270度 247.5~292.5度
北西315度 292.5~337.5度

■奇門遁甲の各要素の定位

奇門遁甲の遁甲盤は、洛書九数図を元に作成されていきます。 その際に遁甲盤に使用する各要素「天地干 八門 天蓬九星 八神 九宮」には定位が存在します。 その定位を元にして、作盤していくため、定位を理解しておくことが作盤する際には重要になります。 奇門遁甲の作盤法は非常に複雑になりますが、基本はこの定位を元に各要素を動かしていくことになるため定位を把握しておくと作盤が非常にしやすくなります。


各要素の定位だけではなく、遁甲盤の方位の概念や、二十四節気の定位なども理解しておくことが大事になります。 奇門遁甲の各要素「天地干 八門 天蓬九星 八神 九宮」は、特定の宮に在位した際に意味合いが強まることや弱まることがあります。 この背景には二十四節気の定位や、方位の要素、後天八卦の要素などがあります。 各要素と方位の相性という感じで考えておくと、遁甲盤の作盤時に吉凶の判断がしやすくなります。


奇門遁甲の各要素の定位

奇門遁甲の各要素の定位


三奇六儀の定位 陽局
三奇六儀の定位 陰局
八門の定位
杜門景門死門
傷門  驚門
生門休門開門
天蓬九星の定位
天輔星天英星天芮星
天冲星天禽星天柱星
天任星天蓬星天心星
八神の定位 陽局
太陰六合勾陳
騰蛇  朱雀
直符九天九地
八神の定位 陽局
六合太陰騰蛇
勾陳(白虎)  直符
朱雀(玄武)九地九天
九宮の定位
四緑九紫二黒
三碧五黄七赤
八白一白六白
二十四節気の定位
立夏 小満 芒種夏至 小暑 大暑立秋 処暑 白露
春分 清明 穀雨秋分 寒露 霜降
立春 雨水 啓蟄冬至 小寒 大寒立冬 小雪 大雪
後天八卦図
巽卦 巽位 離卦 離位 坤卦 坤位
震卦 震位 兌卦 兌位
艮卦 艮位 坎卦 坎位 乾卦 乾位