きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 開運旅行

■立向盤 目次


■奇門遁甲による開運旅行

奇門遁甲の開運効果を身近に感じられるのは、奇門遁甲による開運旅行になります。 奇門遁甲による開運旅行では、日盤を使い良い方位に対して宿泊を伴う旅行に出かけることで吉意を得るという手法になります。 出発点を基準に8方位(各45度)に対して、宿泊を伴う旅行に行くことになりますが、この際大事になるのは方位の境目には近寄らないという点になります。


方位の境目は気が不安定になり、その両隣の運勢が漂うことになります。 隣り合う方位がそれぞれ良い気が満ちるなら問題は有りませんが、片方が悪い気を持つ場合には、その気を受けてしまう可能性もあります。 奇門遁甲も含め、風水では明確にならないのは良くないとされ、方位も明確にならない場合は使用しない方が良いとされます。 奇門遁甲は磁北を基準にするため、地図上の方位と異なる点には注意も必要になります。


各流派で様々な奇門遁甲盤が存在し、様々な活用法などがありますが、どれが自分に合うのかを判断するには、この開運旅行をしてみるのが近道になります。 その流派の盤により、その吉方位に対して開運旅行に出かけ、その吉意が得られる場合には自分に合う流派になります。 人の欲には限りが無いため、小さな変化や幸運を見逃しやすくなるため、奇門遁甲による開運旅行後は、些細な変化も記録して後にまで検証することが大事になります。


奇門遁甲による開運旅行で大事になるのは、その土地の気を得る事になるため、ただ旅行に行くだけでは効果が得られないことがあります。 その土地の気を得るためには、気の満ちる場所(パワースポット)に行くことや、その土地が生み出す食物を得る事、土地から湧き出る気(温泉)などに入ることが大事です。 その土地のパワースポットに立ち寄り、その土地のものを食し、温泉に浸かることでその土地の気を取り入れることが効果を得るには適切な対応になります。 また、その土地に24時間(12刻)滞在することにより、その土地の気を得る「充運」が完了します。


例え吉方位に行ったとしても、上記のような対応をせず、帰宅するような場合には、その効果を得る事ができません。 奇門遁甲の開運旅行の恩恵を十分に感じられない場合には、その行程に問題が無いかを一度見直すことが大事でもあります。 そのすべてに問題が無いと感じた場合には、その流派による奇門遁甲が合わない可能性が高くなります。 同時に普段の発言や行いに問題が無いかどうか、道徳や法律に反していないかどうかを内省する必要があります。


奇門遁甲は、古代中国からの思想の流れを汲み、「仁義礼智信」などの徳から反することに関しては効果が得られないとされます。 それに反する場合には、逆効果になる事もあるため、目的や動機などに関しては、十分注意することが大事になります。


日盤を用いた開運旅行では、その効果はおよそ60日間(60干支が一巡する)とされているため、定期的な開運旅行が望まれます。 2ヵ月~3ヶ月に1度開運旅行に行くことで、常に運気を得て、状況を変えていくという手法が奇門遁甲による開運法になります。 一度開運旅行に行ったから、その効果が永続するという訳ではなく、機が一時的に動くという感じで捉えてください。


問題がある場合には、その問題を改善するための運勢を得るために開運旅行に行くのも一つの手法になります。 恋愛運や財運を得るために、定期的に開運旅行を行うというのも一つの手法になります。 今後の状況に合わせて事前に運気を得るという計画的な開運旅行も大事な手法になります。 色々な角度から、奇門遁甲による開運旅行は効果的な手法になるため、状況に合わせて計画を立てていくのが、効率的な開運旅行の活用法になります。


奇門遁甲による開運旅行

奇門遁甲による開運旅行


▼奇門遁甲による開運旅行
各条件考え方や内容
旅行内容吉方位の土地の気を得ること
立向日盤0~24時 0時前後は気が混沌とするため使用しない
滞在時間旅行先で24時間(1日)以上滞在する
持続時間旅行時(応期)から60日間

■開運旅行による開運法

奇門遁甲では、土地の気の吉凶を判断する占術でもあるため、基準となる場所から良い気が巡る方位の土地の気を得る事を意識して、旅行の計画を立てるのが基本になります。 奇門遁甲の開運法で一番活用されているのがこの開運旅行での開運法になります。 大事になるのは、吉意が巡る方位に旅行に行き、その土地の気を得る事が重要になります。 吉意が強ければ強いほど効果が出てくることになりますが、その基準や目安となるのが奇門遁甲の格局の形成になります。


奇門遁甲の日盤を活用して、開運旅行に行くことになりますが、日盤では大吉となる方位が1~2ヶ月に1度という頻度で出てきます。 それに合わせて定期的に開運旅行に行くことで、開運効果を持続させることや、開運体質に変えていくことができます。 1度行って終わりではなく、間が空いたとしても定期的に活用すること、自分自身の運質や運の階層を変えていくことが、本来の開運法の目的でもあります。 運勢が改善されると、出会う人の層が変わることや、生活の基準や仕事の内容が変わっていくこと、良い情報が得られることなど色々な変化が感じられるようになります。 大吉方位ではなくとも、中吉や小吉方位でも、定期的に運気を得るという事を重ねることで、運を呼び込みやすく活用しやすい運質に変わることになります。


奇門遁甲の吉格局の基本は「飛鳥跌穴 神遁 天遁 人遁 地遁 丁奇 丙奇 乙奇 玉女守門」の格局になります。 それぞれの格局には意味合いがあり、その意味合いに合わせた運気が得られると考えるのが奇門遁甲の吉方位取りになります。 その時に必要な気を得る旅行を企画するのも良く、そうでなくとも吉方位への旅行をすることで運を得やすい運質に変えることができます。 目的を明確にし、奇門遁甲の開運法で必要な運気を向上させるというのは、奇門遁甲の開運旅行の開運法になります。


開運旅行による開運法

開運旅行による開運法


▼開運旅行による開運法
格局簡単な内容
飛鳥跌穴棚ぼた的な幸運 人との出会い運 女神に出会う 総合運
青龍返首地位と名声の上昇 好機到来 物事は順調に進展する 総合運
神遁神のお告げ 人生や目的への助言を得る 総合運
天遁開運全般 好機と評価を得る 目上からの助力を得る
人遁人間関係が向上する 出会いや良縁の機会を得る
地遁努力が報われる 正当な評価を得る 安定した環境を得る
丁奇必要な情報を得る 学力の向上と試験運 知力の上昇
丙奇財運と出世運の獲得 金銭運や向上心の上昇
乙奇恋愛や結婚運の上昇 出会いや男女関係の上昇 人間関係の和合
玉女守門金銭運の上昇 恋愛運や結婚運の獲得 玉の輿に縁がある

■開運旅行時の注意事項

奇門遁甲立向盤の日盤を活用し、開運旅行をする開運法には注意事項があります。 方位に関しては出発点となる場所からの方位になり、磁北を基準に8方位の各45度になります。 そのため、球面三角法を考慮する必要があり、地図上の方位と異なることがあるため注意が必要になります。 また、方位の境目は土地の気が混沌とするため、避ける必要があり、出来るだけ各方位の中心に近い方がその土地の気が得やすいとされます。


基本は家からの出発などになりますが、移動先の宿泊地から大きく移動する場合には、その宿泊地からの方位を検討する必要が出てきます。 また、奇門遁甲の開運旅行では、その方位に24時間以上滞在することで気が充填できるとされるため、方位が転々とするような旅行には注意が必要になります。 旅行中に方位が変わるような旅行では、非常に複雑な内容になり、このような場合は気が混沌としてしまうことになります。 あえて吉方位を狙っての、各地を24時間以上滞在し、方位を転々とするような旅行では問題がありません。 凶方位への移動が出てしまうような旅行では、両方の気が表れてしまうため注意してください。


奇門遁甲を活用しての開運旅行時は土地の気を得る事が大事になるため、ただ旅行をするだけではなく、その土地の気を得る事を重視してください。 逆に凶方位に行かなければいけない場合には、極力その土地の気を得ないように対応することが大事になります。 その土地の気を得るのは、神社仏閣などに行き「天」の気を得る事、その土地の食材や温泉、湧き水を頂き「地」の気を得る事、その土地で良い人と接して「人」の気を得る事になります。 また、宿泊地は風水的に良い地に宿泊することで、より強い気を得る事ができます。


奇門遁甲の開運旅行における移動距離に関しては、流派などにより実に様々な考え方が存在しています。 古代の中国などでの行軍に用いられた奇門遁甲になるため、一日の移動距離の目安にあたる40km前後が一つの基準になります。 武装した兵士が一日に移動できる距離を考慮すると40km前後になり、当時の馬が2時間走ると40km前後になるとされています。 フルマラソンの42.195kmと関連があるかは謎ですが、このあたりが一つの基準として考えるのが妥当でしょう。 距離が遠くなれば遠くなるほど効果が強いとする考え方などもありますが、現地滞在時間24時間の旅行と考えると、遠くなりすぎる場合には、2泊3日以上の行程が必要になります。 そのため現代では40km前後を基本にし、100kmあたりを目安として旅行計画を進めることで、開運旅行の効果を期待することができると考えます。


開運旅行時の注意事項

開運旅行時の注意事項


▼開運旅行時の補足事項
要素内容
方位磁北を基準にする八方位 各45度
方位方位の境目は避ける できるだけ方位の中心に寄せる
日の概念0~24時 0時前後は気が混沌とするため使用しない
土地の気天地人の三才の気を得る事が大事
土地の風水宿泊地の風水が良いとより良い気が得られる
滞在時間現地滞在24時間以上 ※流派により異なる
移動距離最低40㎞ 100㎞以上が理想 ※流派により異なる