きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 座山盤 > 家屋の建築と改築

■座山盤 目次


■奇門遁甲による家屋建築

奇門遁甲座山月盤を活用して、住居の改築や新築、墓地の建立や改築をして開運するという手法になります。 奇門遁甲の座山盤では、基準となる土地の中心点から各方位に巡る気の吉凶を判断することができます。 良い気が巡る方位の土地を動かすことで、その気を得る事ができるというのが奇門遁甲の座山盤の活用法になります。 住居の建築や墓地の建設においては、どの方位の土地から動かすのか、どの方位から機材や重機、人材を出入りさせるのかなどを考慮していきます。 吉意が巡る土地を動かすことで、吉意が訪れますが、凶意が訪れる土地を動かしてしまうと、凶意が訪れるので注意が必要になります。 家屋や墓地の建設の際に、奇門遁甲の月盤を活用し、いつから始めるのかなどを調整することができます。


奇門遁甲の月盤は、節月での作盤になりますので、その月の節入り日から翌月の節入り日前日までの期間になります。 正確に節月を検討する際には、節入り日の節入り時間前が前月となり、節入り時間後がその月になります。 この節入り日は月の気が不安定になるため、奇門遁甲などでの住居や家屋の建設、墓地の建立の際には適さない時期と判断したほうが良いでしょう。 節入り日を避け、月盤での吉方位を基準にして家屋や墓地の建設をすることが、奇門遁甲の座山月盤を活用する際には大事な考え方になります。 この他にも、奇門遁甲では方位の境目は気が不安定になるため、出来るだけ吉方位の中心近い土地を動かすことが望まれます。 また、方位の基準になるのは磁北になるため、地図上の方位と差異が生じることも注意する点になります。


奇門遁甲の月盤は60ヶ月(5年間)持続するため、住居や家屋、墓地の建設や改築の際に大事な要素になります。 また、月盤での大吉方位が巡るのは数年に1度という非常に少ない頻度になりますので、事前に建築計画を立てておくことなども大事になります。 既に家屋の建設や墓地の建立の時期が決まってしまっている場合には、地鎮祭や陽宅陰宅風水などを活用し、出来るだけ良い日時と内容にすることが必要になります。 奇門遁甲は土地の方位の吉凶を判断する術であり、実際に建立する建物や墓地自体の良し悪しは風水を活用することになります。


奇門遁甲による家屋建築

奇門遁甲による家屋建築


▼奇門遁甲による家屋建築
各条件考え方や内容
物件内容住居や家屋の新築と改築 墓地の建立や改築
座山月盤その月の節入り日(時)~翌月の節入り日前日(時前)
持続時間土地を動かした時から60ヵ月(5年)
施工期間1カ月以上7週間が目安

■住居や墓地の建築による開運法

奇門遁甲は土地の気の吉凶を判断するのが得意な占術でもあり、住居や墓地を建築しようとしている土地の中心からの8方位の気の吉凶を判断することができます。 奇門遁甲座山月盤を活用し、大吉方位が巡る際に住居や墓地の建設や改築をすることで、その土地に巡る吉意を得る事ができます。 住居や家屋の建築や改築だけではなく、墓地の建立や改築、長期に渡る造園作業をする際などに、この奇門遁甲座山月盤での開運法が活用できます。 月盤の吉方位が巡るのは数年に1度の少ない頻度になりますので、数年越しでの建築計画を立てることが大事になります。


建築などを希望している土地に合わせての方位に対し、大吉方位が巡るのは稀になるため、長い期間で検討しておく必要もあります。 また、動かす土地の方位は良くても風水的に凶地となる場合には両方の効果が表れるため、注意も必要になっていきます。 実際にその月に建築計画が進められることも少ないため、期間には余裕を持ち、事前に契約して環境を整え、吉方位になる時に建設を開始するのが理想的です。 大吉方位が巡る度に、その方位の土地を動かして運気を維持するといった手法もあります。


奇門遁甲の住居の建設や墓地の建立による開運法では、座山月盤に「飛鳥跌穴+三吉門 神遁 天遁 人遁 地遁 丁奇 丙奇 乙奇 玉女守門」が巡る時が理想的になります。 これらの奇門遁甲格局には象意があり、各格局で得られる効果が変わるのも特徴です。 財運や仕事運を得る際には丙奇を活用し、恋愛や結婚などを恋愛運を得るには乙奇や玉女守門を活用していきます。 出世や人脈などを得る際には、飛鳥跌穴や人遁を活用し、総合的な運勢向上や人生の後押しを得る際には神遁を活用していきます。 それぞれの活用法などの詳細などは、格局の詳細で確認してください。


用途に合わせて奇門遁甲を活用するのが、奇門遁甲での開運法になりますが、用途と違っても迷った際の判断基準にすることはできます。 望む用途に合わせて吉意がある方位を活用するのが優先で、何もないよりは吉意がある方位を活用して開運するというのが、奇門遁甲による開運法になります。


住居や墓地の建築による開運法

住居や墓地の建築による開運法


▼住居や墓地の建築による開運法
格局簡単な内容
飛鳥跌穴棚ぼた的な幸運 人との出会い運 女神に出会う 総合運
青龍返首地位と名声の上昇 好機到来 物事は順調に進展する 総合運
神遁神のお告げ 人生や目的への助言を得る 総合運
天遁開運全般 好機と評価を得る 目上からの助力を得る
人遁人間関係が向上する 出会いや良縁の機会を得る
地遁努力が報われる 正当な評価を得る 安定した環境を得る
丁奇必要な情報を得る 学力の向上と試験運 知力の上昇
丙奇財運と出世運の獲得 金銭運や向上心の上昇
乙奇恋愛や結婚運の上昇 出会いや男女関係の上昇 人間関係の和合
玉女守門金銭運の上昇 恋愛運や結婚運の獲得 玉の輿に縁がある

■住居建設や墓地建立時の注意事項

奇門遁甲座山盤の月盤を活用して、家屋や住居の建設や改築、墓地の建立や改築をして開運する手法には注意事項があります。 月盤は節月を基準としているため、月の始めの施工を開始する際には、前月の月盤になる事があります。 また、節入り日当日は気が混沌とするため、節入り日での施工開始は避けることが大事になります。 どうしても節入り日に施工を開始する際には、少なくとも節入り時間前後で開始時間を検討するようにしてください。


方位の境目なども土地の気が混沌とするため、出来るだけ方位の中心に近い土地を動かすのが理想的になります。 方位の境目には明確な基準はありませんが、不安を感じる際には避ける方が良いでしょう。 方位の基準は磁北になるため、地図上での判断だけではなく、球面三角法による判断が大事になります。 また、家屋の建設などをする土地が狭くなる場合、動かす土地が方位をまたいでしまうことなどもあり、吉効果があまり得られない事もあります。 古代の中国では、広大な土地を基準にしていたこともあり、施工する土地の中心からの方位が明確に出ていましたが、現代の都心では土地が狭く方位の選定が難しくもなります。 このような場合には、奇門遁甲座山月盤を使用するというよりも、風水的な吉日時を選び施工を開始するという方が現実的になります。


奇門遁甲座山月盤で、大吉方位を活用して家屋や墓地の建設をする際にも、建設する家屋や墓地の風水が悪い場合には注意が必要になります。 方位の吉意は得られても、環境の凶意を得る場合には、どちらも現れてしまうため、吉意が感じられないという事もあります。 また、月盤の効果は60ヶ月(5年)になりますが、それ以上居住する場合、風水の象意のみが出てくることになります。 風水の吉凶は、その土地や環境が変わらない限り長く続くものになるため、十分注意してください。


住居や墓地の建設の際には、その土地の風水の良し悪しを事前に確認してからの契約が必須になります。 風水的問題がない場合、奇門遁甲の座山月盤を活用して、施工する時期を決め、土地を動かし始める方位を決めるという流れになります。 風水を前提としての奇門遁甲になりますので、風水的に良い状態にある土地や建築内容に対して、奇門遁甲でより気を高めるという感じで考えることが大事になります。


住居建設や墓地建立時の注意事項

住居建設や墓地建立時の注意事項


▼住居や墓地の建設時の補足事項
要素内容
方位磁北を基準にする八方位 各45度
方位方位の境目は避ける できるだけ方位の中心に寄せる
月の概念その月の節入り日から翌月の節入り日前日まで 厳密には節入り時前後で変わる
土地の風水風水的に土地が悪い場合には避ける
物件の風水物件の風水が悪い場合には避ける
補足住居や墓地に関しては風水の概念を優先する