きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 座山盤 > 巨大建造物の建設

■座山盤 目次


■奇門遁甲による巨大建造物の建設

奇門遁甲の座山年盤の活用法では、巨大建造物の建設において、土地の気を動かして吉意を得るというのが基本概念になります。 実際には現代で活用されることもなく、あくまで概念的な考え方になっていきます。 検証例が無く判断できないというのもありますが、他の座山盤を考える際に、年盤の基本概念も考慮しておくことで理解しやすくなります。 古代の中国においての、城や宮殿の建設をする際に、土地の中心からの8方位を考慮し、どの方位から資材や機材、人材を出入りさせるかという部分での考慮とすると分かりやすくなります。 座山盤の基本は土地を動かすことであるため、建物や墓地の建造の際には大事になってきます。 古代の城や宮殿、権力者の巨大な墓地の建造では、数年単位の事業になるため、このような概念が大事になります。


奇門遁甲による建物や墓地の建設時には、座山盤の年盤を活用することになります。(実際には概念的に) 数年越しの建設期間になるような場合には、良い方位の土地を動かすことで、その吉意を得られるという流れになります。 年盤の効果の持続時間は60年間に及ぶため、大吉方位を得れば非常に心強い運気を手にすることになります。 逆に大凶方位を得てしまう場合には、挽回することも難しくなるため、非常に注意することが必要になります。 長期に渡って土地を動かす際には、座山年盤の方位を確認しておくことも大事になります。


年盤で大吉方位が巡るのは、非常に稀になるため、長期に渡り計画的に建設計画を進めていくことが大事になります。 奇門遁甲の年盤を活用し、巨大建造物の建設においての開運を検討する際には、時間を掛けて慎重に検討するようにしましょう。 また、開運目的ではなくとも、不動産の建築をする際には、その土地に巡る気の吉凶を考慮しておくことが大事になります。


奇門遁甲による巨大建造物の建設

奇門遁甲による巨大建造物の建設


▼奇門遁甲による巨大建造物の建設
各条件考え方や内容
建築物内容巨大建造物 城 宮殿 大規模墓地
座山年盤その年の立春~翌年の節分までの1年間
持続時間建設開始から60年間
注意事項現代では使用せず概念的に捉えること

■不動産建設による開運法

奇門遁甲の座山盤では、土地の気を動かすことにより、その土地に巡る気の象意を得るというのが基本的な考え方になります。 良い気が巡る方位の土地を動かすことにより、吉意を得て開運するというのがここでの開運法になります。 座山年盤を活用するためには、数年越しに及ぶ巨大建造物の建設が必要になり、現代ではほとんど使用することが無いのが座山年盤になります。 しかし、奇門遁甲の座山盤を考慮する際にはこの考え方が非常に大事になり、古代中国の各国においての城や宮殿などの建設を概念としてとらえると分かりやすくなります。 奇門遁甲の年盤では、象意が60年間持続するとされているため、国の盛衰にも直結する大事な要素になります。 吉意が巡る土地を動かし、城や宮殿などを建設することにより、国家が繁栄するというのが基本的な考え方になります。 現代で活用するとすれば、数年越しに及ぶ巨大な建造物の建設や巨大な墓地の建設をする際に考慮すると良いといった流れになります。 また、この際には完成後に1年以上滞在することや、埋葬しておくことが必要になります。


奇門遁甲の年盤では、立向盤と座山盤共に、大吉方位が巡るのは数年~数十年に1度になるため、長期的な計画と共に事を進めていくことが大事になります。 建物の建設を始める(土地を動かす)時点から気が動き始めるため、慎重に事を進めることが大事になります。 年盤は持続時間も長く、吉方位が巡るのも稀になるため、慎重に事を進め、凶格が同宮しない純粋な吉方位を活用することが大事になります。


奇門遁甲の吉格(格局)の基本は立向盤座山盤共に、「飛鳥跌穴+三吉門」「神遁」「天遁」「人遁」「地遁」「丁奇」「丙奇」「乙奇」「玉女守門」になります。 大吉方位となるのは、これからの格局が重なる時や、他の遁甲盤を構成する要素が吉となる時になります。 目的に合わせて活用するのが奇門遁甲の使用法にはなりますが、年盤ともなると、目的に合わせて待っていては、余生の間に巡ってこないこともあります。 その際には用途に合わなくとも、吉方位で対応していくことが大事になります。


不動産建設による開運法

不動産建設による開運法


▼不動産建設による開運法
格局簡単な内容
飛鳥跌穴棚ぼた的な幸運 人との出会い運 女神に出会う 総合運
青龍返首地位と名声の上昇 好機到来 物事は順調に進展する 総合運
神遁神のお告げ 人生や目的への助言を得る 総合運
天遁開運全般 好機と評価を得る 目上からの助力を得る
人遁人間関係が向上する 出会いや良縁の機会を得る
地遁努力が報われる 正当な評価を得る 安定した環境を得る
丁奇必要な情報を得る 学力の向上と試験運 知力の上昇
丙奇財運と出世運の獲得 金銭運や向上心の上昇
乙奇恋愛や結婚運の上昇 出会いや男女関係の上昇 人間関係の和合
玉女守門金銭運の上昇 恋愛運や結婚運の獲得 玉の輿に縁がある

■不動産建設時の注意事項

奇門遁甲座山盤の年盤を活用し、不動産を建設して開運するという手法には注意事項があります。 土地の大小と土地から得られる吉意の大小の関連性は、実例数が少ないため不明な部分となります。 座山盤においての不動産建設は、数年越しに及ぶような巨大建設物であり、実例や実証例が少なく実際に判断できない部分になります。 そのため、奇門遁甲座山年盤は、現代では考慮しないとされている要素になりますが、座山盤を理解するためには概念として大事な要素にもなります。 また、建造物や土地そのものの気という概念を考慮すると、陽宅陰宅共に風水の概念を無視することができなくなります。


土地の基本に関して、建物や墓地の基本に関しては、風水を基準にして考え、土地を動かす際には奇門遁甲座山盤を考慮するというのが大事になります。 奇門遁甲の方位が良くても、土地の風水が大凶の場合には、その両方が現れてくるため十分注意してください。 風水の基本はそこに住むかどうかになりますが、陰宅の場合には、そこに眠る先祖の遺伝子を引き継ぐ子孫全体に影響が出てきます。 風水が良く、奇門遁甲も良い土地で巨大墓地を建設する際には、子孫全体が繁栄していくことになります。 古代の権力者が墓地選びを重視していたのはこの背景があるためになります。


土地を動かすことや建物や墓地を建設するとなると、奇門遁甲の概念だけではなく、風水の概念も非常に重要になります。 奇門遁甲座山年盤の考え方としては、風水の基本があっての土地を動かすことになるため、風水術の一環として考えていくようにしてください。 奇門遁甲の座山盤だけで土地を動かすとなると、風水的な象意も現れてくることになり、予定と違うという結果も少なくはありません。


奇門遁甲では、方位の判断は非常に重要になり、不明瞭なる方位(土地の境目)には手を出さないようにしてください。 座山盤では、吉方位となる中心付近の土地を動かすことが大事になります。 方位は磁北を基準にし、地図上の方位とは誤差が生じるため注意してください。


不動産建設時の注意事項

不動産建設時の注意事項


▼不動産建設時の補足事項
要素内容
方位磁北を基準にする八方位 各45度
方位方位の境目は避ける できるだけ方位の中心に寄せる
年の概念その年の立春(太陽黄経315度)から翌年の節分(立春前日)まで
土地建設する土地の大小と影響力の大小の関係性は不明
土地の風水購入する土地の地龍が悪い場合は避ける 水龍は住まなければ問題ない
補足理論上の手法であり実例は少ない