きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 遁甲盤作盤法 > 立向時盤の作盤法

■遁甲盤作盤法 目次


■立向時盤の作盤法

奇門遁甲立向盤の時盤の作盤法の解説になります。 奇門遁甲の立向時盤は、日帰りの旅行や普段の行動などにおける開運法などで活用され、効果も60刻(5日間)及び定期的に活用することができます。 1刻1盤となるため、良い方位のある盤が巡るのも数日に1度の頻度で訪れます。 また、望む方位に吉意が巡るのを待っても、数日~数ヶ月で考えると良い方位もめぐることになります。 引っ越しをする際の時間を決める際や、普段の行動をする際に吉方位を積極的に得る判断基準として活用していくことができます。


立向時盤の作盤法

立向時盤の作盤法


▼立向時盤作盤方法 順序
01.時干支の算出作盤する時盤の時干支(60干支)を算出する
02.局数の算出作成する時盤の時干支から局数を算出する
03.地盤干を配置算出した局数を元に地盤干を配置する
04.旬首の確認作成する時盤の時干支から旬首を確認する
05.天盤干の配置地盤干の配置を元に旬首を起点に天盤干を配置する
06.八門の配置直使八門を配置し定位の順で八門を配置する
07.天蓬九星の配置直符(天蓬九星)を配置し定位の順で天蓬九星を配置する
08.八神の配置直符(八神)を配置し定位の順で八神を配置する
09.九宮の配置基準となる宮を中宮に配置し飛泊の順で九宮を配置する
10.吉凶判断構成する要素や格局を考慮して吉凶を判断する

■01.時干支の算出

時干支の算出の際に大事になるのが、24時間の奇数時に1刻(2時間)が切り替わる点になります。 更に「自然時」を考慮することが非常に大事になり、奇門遁甲の時盤を活用しようとしている土地の「自然時」を「日本標準時」に「加算 減算」して時間を考慮する必要が有ります。 北海道根室市(+42分)から沖縄県与那国町(-48分)を考慮すると日本標準時より、40分~50分ほどずれる可能性があることを忘れないようにしてください。 また、刻の変わり目は気が不安定になること、自然時の考慮などで微妙な誤差が生じてくることなどから、刻の変わり目は時盤を使用しないのが原則となります。 どの流派においても、自然時の考慮は必須になりますので、普段使用する土地の自然時の確認は明確にしておくようにしてください。 奇門遁甲立向時盤を活用した日帰りの開運旅行や開運散歩などで開運をする場合、自然時に合せた時刻の時干支を元に時盤を作盤する必要が有ります。


時干支の算出

時干支の算出


▼時干支の算出 確認事項
時の基準24時間の奇数時を基準として刻が切り替わる 1刻2時間が基準
時干支奇門遁甲盤を使用する土地の自然時を日本標準時に加算減算して干支を算出する

■02.局数の算出

遁甲盤を作成する日干支と時干支が分かれば、その時刻の局数を算出することができます。 ここでの奇門遁甲では、立向時盤は陽局と陰局があり、10刻1局法で算出します。 立向時盤の局数の考え方は独特であり、「奇門遁甲二十四節気」の上元初日(甲日己日)の「甲子時」より「陽局なら昇順」「陰局なら降順」になります。 この際の起点となる局数は、奇門遁甲二十四節気により異なるため、慎重に考慮する必要が有ります。


「奇門遁甲二十四節気」は、一般の二十四節気とは異なり、「各節気15日間」の360日で一巡する節気になります。 起点となるのは、実二十四節気の「冬至 夏至」に近い符頭日(甲子 己卯 甲午 己酉)となり、「冬至~芒種」までが陽局になり、「夏至~大雪」までが陰局になります。 奇門遁甲二十四節気は15日毎になり、誤差が生じる場合には、最後の節気(陽局は閏芒種 陰局は閏大雪)と局数を繰り返すことになります。


地盤の局数は、奇門遁甲二十四節気の上元から10刻1局として巡りますが、その上元の起点となる時刻の局数は時盤独特のものになります。 二十四節気が巡るごとに起点の局数が変わることになり、毎回手計算で求めるには苦労も多くなります。 奇門遁甲独特の日干支基準の二十四節気と実際の時刻を元に、一覧から算出することが堅実な方法になります。 これまでの内容は、作盤法の基本を学ぶ上では大事な手法ではありますが、実際に遁甲盤を駆使して活用するには、現代では自動計算が現実的になります。 奇門遁甲二十四節気の考え方や、各起点日の甲子時の局数などを確認できる一覧表などを参照するのがお勧めになります。


局数の算出

局数の算出


▼局数の算出 確認事項
陰陽局奇門遁甲立向盤の時盤の局数は「陽局と陰局」 180刻1周期 15日180時盤が基本
局数10刻1局法 60刻(5日)1元 180刻(15日)3元 360日陰陽局180日2160刻 各3元+1
陽局「奇門遁甲二十四節気 冬至~芒種 初日甲子時」が独自の起点局数となり昇順
陰局「奇門遁甲二十四節気 夏至~大雪 初日甲子時」が独自の起点局数となり降順

■03.地盤干を配置

奇門遁甲の立向時盤では、上記で算出された局数の基本宮に「戊儀」を配置します。 配置された戊儀から「戊儀 己儀 庚儀 辛儀 壬儀 癸儀 丁奇 丙奇 乙奇」の順で飛泊の順に九宮に配置していきます。 陽局では飛泊順行で配置し、陰局では飛泊逆行で配置していきます。 立向時盤は、立向年盤や立向月盤と違い、「陽局 陰局」の両方がありますので注意が必要になります。 陰陽局の切り替わりなどは流派により異なる部分があり、慎重に確認するようにしてください。


地盤干を配置

地盤干を配置


▼地盤干の配置例
▼飛泊順行の順
▼飛泊逆行の順
▼地盤干の配置例 陽3局
▼地盤干の配置例 陽9局
▼地盤干の配置例 陰2局
▼地盤干の配置例 陰8局
▼地盤干の配置例 確認事項
地盤干の配置作成する遁甲盤の局数の宮に「戊儀」を配置
配置する順戊儀 己儀 庚儀 辛儀 壬儀 癸儀 丁奇 丙奇 乙奇
配置する宮陽局は飛泊順行で配置 陰局は飛泊逆行で配置

■04.旬首の確認

上記で算出した奇門遁甲立向時盤を作成する時の時干支を元に旬首を確認します。 旬首はこれから先の各要素の基準ともなる大事な要素になるため、慎重に確認するようにしましょう。 奇門遁甲盤を構成する代表となるような大事な要素になります。 奇門遁甲の立向盤座山盤の両盤においての時盤では、10刻が1旬となるため、10刻間は同じ旬首となります。 実際の遁甲盤では、旬首は「甲(甲尊)」として表記することになります。


旬首の確認

旬首の確認


▼旬首の確認 確認事項
甲尊旬首時の干支
甲尊 第1旬戊儀甲子 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午 辛未 壬申 癸酉
第2旬己儀甲戌 乙亥 丙子 丁丑 戊寅 己卯 庚辰 辛巳 壬午 癸未
第3旬庚儀甲申 乙酉 丙戌 丁亥 戊子 己丑 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳
第4旬辛儀甲午 乙未 丙申 丁酉 戊戌 己亥 庚子 辛丑 壬寅 癸卯
第5旬壬儀甲辰 乙巳 丙午 丁未 戊申 己酉 庚戌 辛亥 壬子 癸丑
第6旬癸儀甲寅 乙卯 丙辰 丁巳 戊午 己未 庚申 辛酉 壬戌 癸亥

■05.天盤干の配置

地盤干の「時の干」の宮に、天盤干「旬首」を配置します。 地盤干の配置の順を元に、配置された旬首から時計回りで各天盤干を配置していきます。 地盤干の八方位の宮(中宮以外の八宮)を、旬首を基準にして回転させるような配置になります。 「地盤干の旬首が中宮」に配置される場合、「坤宮の地盤干」を時の干の宮に天盤干として配置し、その他を回転させるように配置します。 「地盤干の時の干が中宮」に配置される場合、「旬首を坤宮」に天盤干として配置しし、その他を回転させるように配置します。 「時の干が甲」になる場合、「天盤干=地盤干」として各宮に地盤干と同じ天盤干を配置します。


天盤干の配置

天盤干の配置


▼天盤干地盤干の配置例
▼戊戌 陰9局 旬首:辛

甲(辛)







甲(辛)
▼己亥 陰8局 旬首:辛 旬首中宮




甲(辛)
甲(辛)




▼庚子 陰7局 旬首:辛 時の干中宮

甲(辛)

甲(辛)






▼甲辰 陰3局 旬首:壬 時の干:甲






甲(壬)
甲(壬)


▼天盤干の配置 例外
地盤干の旬首が中宮坤宮の地盤干を時の干の宮に天盤干として配置し、その他を回転させるように配置します。
地盤干の時の干が中宮旬首を坤宮に天盤干として配置しし、その他を回転させるように配置します。
時の干が甲天盤干=地盤干として各宮に地盤干と同じ天盤干を配置します。

■06.八門の配置

遁甲盤の八門を配置する際には、まず「直使」と呼ばれる起点となる八門を算出します。 直使は、地盤の「旬首の宮の定位八門」になります。 「直使の宮」を基準に飛泊の順で「時の干の数の分」進めた宮に直使の八門を配置します。 直使の八門を配置する宮が決まれば、後は八門の順で配置していきます。 陽局では飛泊順行になり、陰局では飛泊逆行になります。 立向時盤は陽局と陰局の両方があるため、陽局か陰局かにより、飛泊順行か飛泊逆行かが変わります。 時の干の数は「甲:1 ~ 癸:10」になります。


「地盤干の旬首が中宮」に配置される場合、「坤宮の定位八門の死門」を直使として代用します。 「直使が中宮」に配置される場合、「直使を坤宮」に配置し、その他を八門の順で配置します。


八門の配置

八門の配置


▼八門の配置例
▼1.丙午 陽4局 旬首:壬 直使:生門
6
戊 杜門
2
癸 景門
4
丙 死門
5
乙 傷門
7
9
辛 驚門
1 直使
生門
3
丁 休門
8
庚 開門
▼2.丙:3 順行 坤宮に直使を配置
6
戊 景門
2
癸 死門
4
丙 驚門
5
乙 杜門
7
9
辛 開門
1
甲 傷門
3 直使
生門
8
庚 開門
▼1.戊戌 陰9局 旬首:辛 直使:開門
3
癸 杜門
7
戊 景門
5
丙 死門
4
丁 傷門
2
9
庚 驚門
8
己 生門
6
乙 休門
1 直使
開門
▼2.戊:5 逆行 坤宮に直使を配置
3
癸 死門
7
戊 驚門
5 直使
開門
4
丁 景門
2
9
庚 休門
8
己 杜門
6
乙 傷門
1
甲 生門
▼八門の配置 確認事項
八門の順休 生 傷 杜 景 死 驚 開 ※常に時計回り(陽局陰局問わず)
直使八門地盤の旬首の宮の定位八門 旬首中宮時は坤宮の死門を代用
直使の配置飛泊の順 陽局は順行 陰局は逆行 立向時盤は陰陽両局
時の干の数甲:1 乙:2 丙:3 丁:4 戊:5 己:6 庚:7 辛:8 壬:9 癸:10
宮の数え方地盤の旬首の宮を「1」として数え始める
直使中宮時直使が中宮に配置されてしまう場合は坤宮に配置する

■07.天蓬九星の配置

遁甲盤の天蓬九星を配置する際には、まず「直符」と呼ばれる起点となる天蓬九星を算出します。 八神の直符とは別のものになりますので注意してください。 この「直符」は、「地盤の旬首の宮の定位天蓬九星」になります。 直符の天蓬九星を地盤の「時の干の宮」に配置し、その他の天蓬九星を定位の八方位の順に配置していきます。 「地盤干の旬首が中宮」に配置される場合、直符は天禽星となりますが、坤宮の定位天蓬九星「天芮星を直符天蓬九星」として代用します。 「時の干が中宮」の場合、「直符の天蓬九星を坤宮」に配置します。 定位中宮の天禽星は、定位坤宮の天芮星と常に行動を共にすると考えます。


天蓬九星の配置

天蓬九星の配置


▼天蓬九星の配置例
▼戊戌 陰9局 旬首:辛 直符:天心星
天輔星
天英星
天芮星
天冲星
天禽星
天柱星
天任星
天蓬星
天心星
直符
▼時の干:戊 離宮に直符を配置
天柱星
天心星
戊(時)
天蓬星
天芮星

天任星
天英星
天輔星
天冲星
▼天蓬九星の配置 確認事項
天蓬九星の順蓬 任 冲 輔 英 芮(禽) 柱 心 ※天芮星と天禽星は常に同宮
直符天蓬九星地盤の旬首の宮の定位天蓬九星 旬首中宮時は天芮星を代用する
天蓬九星の配置地盤の時の干の宮に直符を配置して時計回りで順に配置する
時の干が中宮直符の天蓬九星を坤宮に配置して時計回りで順に配置する
配置の順陽局陰局に関係なく時の干の宮から時計回りで天蓬九星を配置する

■08.八神の配置

遁甲盤の八神は、「地盤の時の干」に「直符」を配置します。 陽局では時計回りに八神の順に配置し、陰局では反時計回りに八神の順に配置します。 八神の順は、「直符 騰蛇 太陰 六合 勾陳(白虎) 朱雀(玄武) 九地 九天」の順になります。 勾陳と白虎、朱雀と玄武は陽局と陰局で変わる流派もありますが、ここでは陰陽局共に「勾陳」「朱雀」で解説しています。 「地盤の時の干」が中宮した場合には、「直符を坤宮」に配置して残りを配置していきます。


八神の配置

八神の配置


▼八神の配置例
▼戊申 陽6局 旬首:壬 時の干:戊
勾陳
朱雀
九地
六合
  
九天
太陰
騰蛇
直符
戊(時)
▼辛酉 陽1局 旬首:癸 時の干:辛
直符
辛(時)
騰蛇
太陰
九天
  
六合
九地
朱雀
勾陳
▼戊戌 陰9局 旬首:辛 時の干:戊
騰蛇
直符
戊(時)
九天
太陰
  
九地
六合
勾陳
朱雀
▼甲辰 陰3局 旬首:壬 時の干:甲
九地
朱雀
勾陳
九天
  
六合
直符
甲(時)
騰蛇
太陰
▼八神の配置 確認事項
八神の順符 蛇 陰 合 陳(虎) 雀(武) 地 天
八神の配置地盤の時の干に直符を配置する 時の干中宮時は直符を坤宮に配置
八神の陰陽局陽局は時計回りに八神を配置 陰局は反時計回りに八神を配置
八神の補足立向時盤は陰陽両局になるため陰陽局の確認が大事になる

■09.九宮の配置

奇門遁甲立向盤の九宮の配置は、「基準となる九宮」を中宮に配置し、残りを「飛泊順行」で配置していきます。 基準となる九宮は、立向年盤と立向日盤では局数の数と同じ九宮でしたが、立向月盤と立向時盤とでは異なります。 立向時盤の基準となる九宮は、作盤する時の「日支と時支」から算出することになります。 立向日盤は1日1局になりましたが、立向時盤は10刻1局となるため基準となる九宮の考え方が異なるというのが背景にあります。 配置の仕方は、立向盤と座山盤の年月日時各盤共通で「飛泊順行」になります。 基準となる九宮の算出法に関しては、奇門遁甲立向時盤と座山時盤で共通のものになります。


九宮の配置

九宮の配置


▼基準となる九宮確認表
時支
日支
子午
卯酉
時支
日支
丑未
辰戌
時支
日支
寅申
巳亥

▼九宮の配置例
▼甲辰日 乙亥時 陽4局
五黄一白三碧
四緑六白八白
九紫二黒七赤
▼己酉日 壬申時 陽1局
八白四緑六白
七赤九紫二黒
三碧五黄一白
▼辛亥日 己亥時 陰6局
九紫五黄七赤
八白一白三碧
四緑六白二黒
▼丁巳日 己酉時 陰8局
二黒七赤九紫
一白三碧五黄
六白八白四緑
▼九宮の配置 確認事項
九宮の順一白 二黒 三碧 四緑 五黄 六白 七赤 八白 九紫
九宮の配置基準となる九宮を中宮に配置 その他を飛泊順行で配置する
九宮の補足時盤は「日支と時支」との関係から基準となる局数が決まる
九宮の陰陽局「陽局 陰局」関係なく常に飛泊順行で配置する

■10.吉凶判断

遁甲盤の作盤をした後に、実際に各方位の吉凶判断を行います。 ここでの奇門遁甲では、天盤干と地盤干、八門の吉凶を重視して吉凶判断を行います。 天蓬九星と八神、九宮の吉凶に関しては、天地干と八門の吉凶の補助的な要素になります。 遁甲盤の各方位を構成している各要素の合算が、吉となれば活用することができ、大吉となれば積極的に活用することになります。 構成要素の合算が凶となれば使用するのは控え、大凶になれば極力避けるのが奇門遁甲の基本になります。


構成している要素により、「格局」が発生することがあります。 この格局は構成要素が、「ある特定の組合せ」になる場合に発生する特別な要素で、その宮に特別な意味合いを持たせることになります。 吉格局が形成される場合には、その方位の吉意がより大きくなり、凶格局が形成される場合には、その方位の凶意がより大きくなります。 吉格局は吉意を持つ要素が集まった場合に発生するため、吉意がより強くなり積極的に活用したい方位となることがあります。 凶格局は凶意を持つ要素が集まった場合に発生するため、凶意がより強くなり極力避けたい方位となります。 一部例外などもありますが、構成要素や格局を基準にして方位の吉凶を判断するのが奇門遁甲の活用法になります。


吉凶判断

吉凶判断


▼吉凶判断 確認事項
構成要素天地干と八門を重視して吉凶を判断 天蓬九星と八神九宮は補助
格局特別な意味合いを持つ 吉格局は吉意を増す 凶格局は凶意を増す
大吉方位奇門遁甲の大吉方位は積極的に活用する 事前に確認して計画的に活用
吉方位必要な予定や計画に合わせて活用する 大吉方位が活用できない場合に使用
平方位難しく考えずに利用できる 吉方位が活用できない際の妥協点
凶方位使用するのは極力避け別計画を立てる 方位と目的地を見直すこと
大凶方位可能な限り極力避けること 避けられない場合には方位替えをする

■11.補足と注意事項

公開している立向盤の遁甲盤や座山盤の遁甲盤、立向座山共に局数表などは、全てこの内容を元に作成しています。 奇門遁甲は流派により実に様々な作盤法がありますので、作盤法が違う流派の奇門遁甲盤の作成においては上記の手順があてはまらないことがあります。 流派や作盤法の違いの確認は慎重に行うようにしてください。 奇門遁甲の具体的な活用法は、別項目にて詳細に解説しています。 この活用法や奇門遁甲の得られる条件などに関しても、各流派の違いが顕著に表れてきます。 それぞれの流派を実際に試して検証してみるのも良いですし、それぞれの流派の共通点を重視するのも良いでしょう。 実際に奇門遁甲の世界を体験し、自分なりの活用法などを見つけ出すのも奇門遁甲の楽しみの一つになります。


補足と注意事項

補足と注意事項


▼補足と注意事項
奇門遁甲 立向盤奇門遁甲立向盤や具体的な活用法などの解説
奇門遁甲 座山盤奇門遁甲座山盤や具体的な活用法などの解説
奇門遁甲立向盤 局数表奇門遁甲立向盤 年月日時各盤の局数解説
奇門遁甲座山盤 局数表奇門遁甲座山盤 年月日時各盤の局数解説
奇門遁甲 活用法造作法奇門遁甲の活用法や造作法などの解説