きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 座山盤局数表 > 座山月盤の局数一覧表

■座山盤局数表 目次


■座山月盤の局数一覧表

奇門遁甲座山月盤で使用する局数の一覧表になります。 奇門遁甲では局数の算出法が非常に大事になり、流派により様々な考え方が存在しています。 ここでの座山月盤は、「60ヶ月1局 陽局のみ」での算出になります。 奇門遁甲座山月盤は、「上元 甲子年 丙寅月」が、「陽1局 上元」の起点となります。 「中元 甲子年 丙寅月」が、「陽2局 中元」の起点となり、「下元 甲子年 丙寅月」が、「陽3局 下元」の起点となります。 局数の巡り方は独特になるため、注意が必要になります。 指定した年を中心に、3元180年間の座山月盤の局数の一覧表を作成します。


座山月盤の局数表
座山月盤の局数表
座山月盤の局数一覧表
座山月盤の局数一覧表
▼奇門遁甲 座山月盤の局数一覧
:

■座山月盤の局数一覧表 一覧

奇門遁甲座山月盤 1934年~
年月局数
1934年2月-1939年1月陽 5 中元
1939年2月-1944年1月陽 3 中元
1944年2月-1949年1月陽 9 中元
1949年2月-1954年1月陽 6 中元
1954年2月-1959年1月陽 1 中元
1959年2月-1964年1月陽 7 中元
1964年2月-1969年1月陽 4 中元
1969年2月-1974年1月陽 2 中元
1974年2月-1979年1月陽 8 中元
1979年2月-1984年1月陽 5 中元
1984年2月-1989年1月陽 3 下元
1989年2月-1994年1月陽 9 下元
年月局数

奇門遁甲座山月盤 1994年~
年月局数
1994年2月-1999年1月陽 6 下元
1999年2月-2004年1月陽 1 下元
2004年2月-2009年1月陽 7 下元
2009年2月-2014年1月陽 4 下元
2014年2月-2019年1月陽 2 下元
2019年2月-2024年1月陽 8 下元
2024年2月-2029年1月陽 5 下元
2029年2月-2034年1月陽 3 下元
2034年2月-2039年1月陽 9 下元
2039年2月-2044年1月陽 6 下元
2044年2月-2049年1月陽 1 上元
2049年2月-2054年1月陽 7 上元
年月局数

奇門遁甲座山月盤 2054年~
年月局数
2054年2月-2059年1月陽 4 上元
2059年2月-2064年1月陽 2 上元
2064年2月-2069年1月陽 8 上元
2069年2月-2074年1月陽 5 上元
2074年2月-2079年1月陽 3 上元
2079年2月-2084年1月陽 9 上元
2084年2月-2089年1月陽 6 上元
2089年2月-2094年1月陽 1 上元
2094年2月-2099年1月陽 7 上元
2099年2月-2104年1月陽 4 上元
2104年2月-2109年1月陽 2 中元
2109年2月-2114年1月陽 8 中元
年月局数

■座山月盤の局数の補足事項

ここでの奇門遁甲座山月盤では、60ヶ月(5年)1局法を採用しています。 また、奇門遁甲座山月盤は陽局のみになり、1局から2局へ~9局から1局へと順向します。 月盤は節入り日から翌月の節入り日の前日までの1ヶ月間が有効になります。 しかし、この節入り日前後の気は不安定になるため、使用しないのが基本になります。 節入り日とは、二十四節気の月の始めにあたる方になります。 「上元 甲子年 丙寅月」が陽1局となり、座山月盤独特な順で推移していきます。 1元は60年で、3元(上元 中元 下元)で180年になり、再び「甲子年 丙寅月」が巡り陽1局に戻ります。


奇門遁甲座山盤の月盤の局数は60ヶ月1局であり、5年間同じ局数になります。 「上元 甲子年 丙寅月」が陽1局となり、そこから5年ごとに局数が変わります。 上元甲子年は1864年であり、この年の2月から5年ごとに局数が変わる流れになります。 そのため、下一桁が4の年と9の年の2月から局数が変わるのが基本になります。 下一桁4か9の年の立春から5年後の節分までが同じ局数になるのが、奇門遁甲座山月盤の局数の特徴になります。


座山月盤の局数
座山月盤の局数
局数の補足事項
局数の補足事項
▼座山月盤の局数の補足事項
月盤注意事項
局数60ヶ月1局 陽局のみ
範囲節入り日より翌月節入り日の前日までの1ヵ月間
起点甲子年の丙寅月より陽1局
順序上元:174 285 396 174 中元:285 396 174 285 下元:396 174 285 396
節入立春 啓蟄 清明 立夏 芒種 小暑 立秋 白露 寒露 立冬 大雪 小寒
補足5年1局 3元180年 9局各4回