きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 立向盤局数表 > 立向時盤の局数一覧表

■立向盤局数表 目次


■立向時盤の局数一覧表

奇門遁甲立向時盤で使用する局数の一覧表になります。 奇門遁甲では局数の算出表が非常に大事になり、流派により様々な考え方が存在しています。 ここでの立向時盤は、「10刻1局 陰局 陽局」での算出になります。 奇門遁甲立向時盤は、奇門遁甲24節気の各節気の上元にあたる日(甲日 己日)の甲子時より切り替わります。 稀に閏が発生しますが閏期間の気は不安定になるため、使用しない方が適切な対応になります。 閏が発生するのは、夏至の符頭日から当時の符頭日までが195日間になる場合になります。 閏が発生する場合には、「閏大雪」とし、「大雪」の15日間(三元)を繰り返します。 時盤の局数は、奇門遁甲24節気が基準になるため、どの年でも考え方は同じになります。


立向時盤の局数表
立向時盤の局数表
立向時盤の局数一覧表
立向時盤の局数一覧表

■立向時盤の局数一覧表 一覧

▼立向時盤 陽局 干支は時干支
奇門遁甲
24節気
三元 甲子
乙丑
丙寅
丁卯
戊辰
己巳
庚午
辛未
壬申
癸酉
甲戌
乙亥
丙子
丁丑
戊寅
己卯
庚辰
辛巳
壬午
癸未
甲申
乙酉
丙戌
丁亥
戊子
己丑
庚寅
辛卯
壬辰
癸巳
甲午
乙未
丙申
丁酉
戊戌
己亥
庚子
辛丑
壬寅
癸卯
甲辰
乙巳
丙午
丁未
戊申
己酉
庚戌
辛亥
壬子
癸丑
甲寅
乙卯
丙辰
丁巳
戊午
己未
庚申
辛酉
壬戌
癸亥
冬至 上元
中元
下元
1
7
4
2
8
5
3
9
6
4
1
7
5
2
8
6
3
9
小寒 上元
中元
下元
2
8
5
3
9
6
4
1
7
5
2
8
6
3
9
7
4
1
大寒 上元
中元
下元
3
9
6
4
1
7
5
2
8
6
3
9
7
4
1
8
5
2
立春 上元
中元
下元
8
5
2
9
6
3
1
7
4
2
8
5
3
9
6
4
1
7
雨水 上元
中元
下元
9
6
3
1
7
4
2
8
5
3
9
6
4
1
7
5
2
8
啓蟄 上元
中元
下元
1
7
4
2
8
5
3
9
6
4
1
7
5
2
8
6
3
9
春分 上元
中元
下元
3
9
6
4
1
7
5
2
8
6
3
9
7
4
1
8
5
2
清明 上元
中元
下元
4
1
7
5
2
8
6
3
9
7
4
1
8
5
2
9
6
3
穀雨 上元
中元
下元
5
2
8
6
3
9
7
4
1
8
5
2
9
6
3
1
7
4
立夏 上元
中元
下元
4
1
7
5
2
8
6
3
9
7
4
1
8
5
2
9
6
3
小満 上元
中元
下元
5
2
8
6
3
9
7
4
1
8
5
2
9
6
3
1
7
4
芒種 上元
中元
下元
6
3
9
7
4
1
8
5
2
9
6
3
1
7
4
2
8
5
奇門遁甲
24節気
三元 甲子
乙丑
丙寅
丁卯
戊辰
己巳
庚午
辛未
壬申
癸酉
甲戌
乙亥
丙子
丁丑
戊寅
己卯
庚辰
辛巳
壬午
癸未
甲申
乙酉
丙戌
丁亥
戊子
己丑
庚寅
辛卯
壬辰
癸巳
甲午
乙未
丙申
丁酉
戊戌
己亥
庚子
辛丑
壬寅
癸卯
甲辰
乙巳
丙午
丁未
戊申
己酉
庚戌
辛亥
壬子
癸丑
甲寅
乙卯
丙辰
丁巳
戊午
己未
庚申
辛酉
壬戌
癸亥

▼立向時盤 陰局 干支は時干支
奇門遁甲
24節気
三元 甲子
乙丑
丙寅
丁卯
戊辰
己巳
庚午
辛未
壬申
癸酉
甲戌
乙亥
丙子
丁丑
戊寅
己卯
庚辰
辛巳
壬午
癸未
甲申
乙酉
丙戌
丁亥
戊子
己丑
庚寅
辛卯
壬辰
癸巳
甲午
乙未
丙申
丁酉
戊戌
己亥
庚子
辛丑
壬寅
癸卯
甲辰
乙巳
丙午
丁未
戊申
己酉
庚戌
辛亥
壬子
癸丑
甲寅
乙卯
丙辰
丁巳
戊午
己未
庚申
辛酉
壬戌
癸亥
夏至 上元
中元
下元
9
3
6
8
2
5
7
1
4
6
9
3
5
8
2
4
7
1
小暑 上元
中元
下元
8
2
5
7
1
4
6
9
3
5
8
2
4
7
1
3
6
9
大暑 上元
中元
下元
7
1
4
6
9
3
5
8
2
4
7
1
3
6
9
2
5
8
立秋 上元
中元
下元
2
5
8
1
4
7
9
3
6
8
2
5
7
1
4
6
9
3
処暑 上元
中元
下元
1
4
7
9
3
6
8
2
5
7
1
4
6
9
3
5
8
2
白露 上元
中元
下元
9
3
6
8
2
5
7
1
4
6
9
3
5
8
2
4
7
1
秋分 上元
中元
下元
7
1
4
6
9
3
5
8
2
4
7
1
3
6
9
2
5
8
寒露 上元
中元
下元
6
9
3
5
8
2
4
7
1
3
6
9
2
5
8
1
4
7
霜降 上元
中元
下元
5
8
2
4
7
1
3
6
9
2
5
8
1
4
7
9
3
6
立冬 上元
中元
下元
6
9
3
5
8
2
4
7
1
3
6
9
2
5
8
1
4
7
小雪 上元
中元
下元
5
8
2
4
7
1
3
6
9
2
5
8
1
4
7
9
3
6
大雪 上元
中元
下元
4
7
1
3
6
9
2
5
8
1
4
7
9
3
6
8
2
5
奇門遁甲
24節気
三元 甲子
乙丑
丙寅
丁卯
戊辰
己巳
庚午
辛未
壬申
癸酉
甲戌
乙亥
丙子
丁丑
戊寅
己卯
庚辰
辛巳
壬午
癸未
甲申
乙酉
丙戌
丁亥
戊子
己丑
庚寅
辛卯
壬辰
癸巳
甲午
乙未
丙申
丁酉
戊戌
己亥
庚子
辛丑
壬寅
癸卯
甲辰
乙巳
丙午
丁未
戊申
己酉
庚戌
辛亥
壬子
癸丑
甲寅
乙卯
丙辰
丁巳
戊午
己未
庚申
辛酉
壬戌
癸亥

■立向時盤の局数の補足事項

ここでの奇門遁甲立向時盤では、10刻1局法を採用しています。 また、奇門遁甲立向時盤は陰局と陰局から成り、局数の推移は独特で、奇門遁甲二十四節気と3元、時干支によって変わります。 時盤は12刻の各刻(奇数時~奇数時までの2時間)が有効になりますが、自然時には非常に注意する必要があります。 この刻が変わる奇数時前後の気は不安定になるため、使用しないのが基本になります。 閏が発生する例外も存在しますが、その期間中は気が不安定になるため注意も必要になります。


奇門遁甲24節気の1元は5日で、3元(上元 中元 下元)で15日になり、甲日と己日が奇門遁甲24節気の初日にあたります。 この初日の0時(甲子の刻)が起点になり、その24節気に合せて局数が巡ることになります。 10刻(20時間)で1局になるため、少々複雑な過程になりますが、一覧表と奇門遁甲歴を併用すれば算出しやすくなります。 奇門遁甲24節気では1節気が15日(180刻 360時間)となります。 奇門遁甲24節気の冬至~芒種までが陽局になり、夏至~大雪までが陰局になります。 日盤と同じように、奇門遁甲24節気は360日周期になるため、数年に1度、冬至前か夏至前に閏が発生することがあります。 この場合は最後の奇門遁甲24節気にあたる、大雪か芒種が閏になり「閏の大雪」「閏の芒種」として繰り返すことになります。


立向時盤の局数
立向時盤の局数
局数の補足事項
局数の補足事項
▼立向時盤の局数の補足事項
時盤注意事項
局数10刻1局 陽局 陰局
範囲奇数時~奇数時 自然時間に注意
起点奇門遁甲24節気初日(甲 己)の甲子時
順序奇門遁甲24節気に合わせて推移 ※特殊
例外大雪 芒種で閏が発生する場合