きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 座山盤 > 2020年の奇門遁甲座山時盤

■座山盤 目次


■2020年の奇門遁甲座山時盤

2020年の奇門遁甲座山時盤の簡易版の一覧になります。ここでの奇門遁甲の簡易盤では、座山時盤の簡易表示盤となり、遁甲盤を構成する要素を省略し、点数を基準とした吉凶の判断を目的としております。各時間帯に基準となる場所(土地)に対して、巡り来る気の良し悪しを判断することができます。奇門遁甲の座山時盤は造作法や造作作業をする際に活用できます。


2020年の奇門遁甲座山時盤になります。簡易版の奇門遁甲では、遁甲盤を構成する要素を省略し、純粋に各方位の吉凶を点数にて判断して表示しています。実際の奇門遁甲盤を元にしているため、点数自体は通常の遁甲盤と同じになります。奇門遁甲の座山盤では、基準となる場所や土地に対して、各方位からどのような気が訪れてくるのかを判断することができます。


2020年の奇門遁甲
2020年の奇門遁甲
簡易版 座山時盤
簡易版 座山時盤
▼2020年の奇門遁甲座山時盤の作盤



※本日から約90日前後まで検索できます。

◆ 作盤時 2020/2/27 12 節入:4日 18:03:59
▼座年 2020/2/27 木
-3.6 -9.1 05.6
-4.8 09.7 -2.8
-18.4 -16.7 -8.9

▼座月 2020/2/27 木
05.7 03.1 -10.6
-8.3 08.2 01.6
-8.6 -5.5 00.3

▼座日 2020/2/27 木
-10.1 -7.9 -25.3
-9.3 -2.6 -24.8
07.6 06.8 -5.9


▼座時 26日23-1時 水
11.1 -9.4 08.7
00.2 03.7 -9.2
-9.0 -3.3 12.1

▼座時 27日1-3時 木
16.0 -0.8 -8.6
15.1 -0.2 01.1
04.0 -2.3 -13.2

▼座時 27日3-5時 木
03.2 -16.7 -7.3
-1.1 04.2 08.6
-10.0 -5.9 00.9

▼座時 27日5-7時 木
-2.3 -15.2 -3.2
00.2 04.2 -12.6
-62.4 -8.2 -16.1

▼座時 27日7-9時 木
-11.3 07.9 -7.7
-15.4 01.8 29.0
-8.7 -5.2 -0.5

▼座時 27日9-11時 木
00.9 08.6 -5.4
06.3 03.7 08.0
-11.1 -3.8 01.2

▼座時 27日11-13時 木
-14.5 -4.8 01.2
08.4 -2.2 -5.0
07.2 05.1 05.5

▼座時 27日13-15時 木
-10.7 01.2 -13.8
-1.3 -0.7 -9.2
10.4 -3.6 07.6

▼座時 27日15-17時 木
-4.3 -10.7 -19.7
-2.8 05.7 -13.6
05.8 -4.6 06.3

▼座時 27日17-19時 木
02.3 -5.7 -9.8
07.2 03.7 -15.6
-11.6 -10.3 -2.6

▼座時 27日19-21時 木
26.5 -8.3 -0.3
-0.7 -0.2 02.6
-5.6 03.5 07.6

▼座時 27日21-23時 木
09.3 11.7 03.3
02.0 -2.2 -13.9
-1.5 03.0 -11.6

▼座時 27日23-1時 木
-4.3 -9.9 11.5
19.2 -0.2 -9.9
23.6 13.7 -5.6

▼座時 28日1-3時 金
04.0 -11.4 -8.8
-5.8 01.8 -4.2
02.1 -11.2 -8.9

■2020年の奇門遁甲座山時盤の補足

ここでの奇門遁甲座山時盤では、60刻(5日)1局法を採用しています。 奇門遁甲の座山時盤は、造作法などに活用できる重要な遁甲盤になります。 基準となる場所や土地に対して、どの方位の気が高まるのかを判断して活用していきます。 作盤法や構成要素、造作法や活用法に関しては、奇門遁甲座山時盤と同じように判断してください。


2020年の奇門遁甲
2020年の奇門遁甲
簡易版座山時盤の補足
簡易版座山時盤の補足

■きつねの奇門遁甲からのご案内

人類が研究し続けてきた「暦」という叡智から、時流の流れを掴むことを目的とした開運メルマガを配信中です。 時流を知ることにより、運という目に見えないものを感じ、好機を掴むことができるでしょう。


■きつねの奇門遁甲からのご案内